初めて詐欺電話受信したー!

| | コメント(0) | トラックバック(0)

いまだに消滅しない詐欺電話ですが、私は日中家にいないこともあり受信の経験がありませんでした。


本日午前10時半、とうとう来ました詐欺電話(だと思う)。



プルルルル、ポチ(通話開始ボタンを押す)

私「もしもし」

男「もしもし、こちら〇〇(居住地名)警察 生活安全課のナラサキと申します」

私「はあ(気のない返事)」

ここで(キタ----!いわゆる詐欺電話の典型!と内心思ったわけです)

男「............」

ガチャ(電話が切れた)


さあ、この電話どう料理してくれようかと構えたのですが、こちらの気のない返事に脈はないと察したのか、相手はサッサと電話を切ってしまいました。

何も心当たり無いのに公共機関から電話なんかある筈ありません。公的組織が、名も無い一個人の日常生活安全を心配して、わざわざあちらから積極的に電話で安否確認してくれるほど暇でもないでしょう。

野次馬的には、もう少し先まで会話をしてみたかったのですが、「君子は危うきに近寄らず」ということでしょうか。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://tsuyu.sppd.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1969

コメントする

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2022年8月10日 04:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「かゆい所に手が届く」です。

次のブログ記事は「高齢者は、急がない、慌てない、余裕をもって行動する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ