2022年12月アーカイブ

先日のこと、いつも元気に挨拶してくれる男の子が「ボク、もうすぐ5歳だよ。5歳!」と言う。向こうで下の子を自転車に乗せながらママが「この間4歳になったばかりじゃないの」と笑っている。 「もうじきクリスマスだね。ところで、クリスマスが終わったら何が来る?」と訊いたら、その男の子はトコトコとママのところへ。コソコソと何か話している。その直後、私の方に駆け寄ってきて「お正月!」と力いっぱい叫んだ。「ピンポ... 続きを読む
年末は昔から忙しい時季と決まっている。できれば年内に一年の総決算をしてスッキリと新たな年をスタートしたいというのが多くの人の願い。 とは言いながら、やり残しはどうしてもある。 このごろは「できないことには、あえてこだわらない」ことに決めた。年末年始儀礼のほとんどは「しなくても命に別状はない」ことだと思うから。 この覚悟に至るまでずいぶんと行きつ戻りつを繰り返した。多くの人から「後で何かと言われない... 続きを読む
むかし使っていたメモノートに、自分の死生観のような文章を書いていたのを見つけた。それを読むと、私の人生観や死生観はそんなに変わっていない。「死後、私は土になりたい」 中学生の頃に読んだパール・バックの『大地』という小説の読後感として 「大地より生まれ出でたる我が命 果てたる後は大地に帰れ」 という短歌に読んだ。 いまだにその思いは変わらない。 近年は、荼毘の後の骨を骨壺に収めて保存するのが一般的... 続きを読む
あの空の あの雲の行方を 知っていますか 漂う雲 走り去る雲 おおいつくす雲 あの空の あの雲の上を 知っていますか そこは 果てしない 宇宙です 雲は 宇宙という名の 舞台にひかれる カーテンです (1998年11月14日) 続きを読む
ずいぶん冷え込んでまいりました。夜明けは遅いし、日暮れは早いし、なんとなく気持ちは沈みがち。ここ数日は曇り空続きで、低調気分は上向きそうにもありません。 冬になって一番困るのが朝の着替えです。いえいえ気温が低いからという理由ではないのです。今日は何を着ようかと考えることが私にとっては大きなストレスなんです。ダサい服ばかりですが、長く生きているといろいろたまっています。どの服も平等に袖を通してやらな... 続きを読む

このアーカイブについて

このページには、2022年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2022年11月です。

次のアーカイブは2023年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ