2013年9月アーカイブ

最近、移動にはもっぱら公共交通機関を利用している。 幸いにも、それらの交通機関網が充実した土地に暮らしていることに感謝すべきだと思う。   ところが、ここ柏市は中心街の道路整備が遅れている。 おまけに路駐の車が多い。 当然、対向車のすれ違いが阻害される場面が頻発する。   今日も、帰りのバスに乗っていると、運転手さんの苛立ちが伝わってきた。 見下ろすと対向車線で何かの工事をして... 続きを読む
このところ近所にある図書館の分館を利用して、ちょこちょこと本を読んでいる。 テーマを決めるでもなく、好きな作者があるわけでもないので、 その場その時に目に触れ・手に触れ・タイトルが気持ちに触れた本をとりあえず借りてくる。   今回、中村うさぎの「私という病」 を借りてきた。 以前の私だったら手に取ることさえなかっただろう作家の本。   彼女の名前を初めて知ったのは女性週刊誌に連... 続きを読む
「みんなちがってみんないい――「集団」になれても「団体」になれない私達」 http://blogos.com/article/70346/   ↑ こんなブログ記事を読んだ。   この発言者は、金子みすずの詩「みんなちがって みんないい」の言葉を引用しているが、 これが金子みすずの詩の一節であることや彼女の生涯についての知識や理解はないようにみえる。 だから、「みんなちがって ... 続きを読む
夏目雅子を喪って呆然自失の伊集院静が、色川武大(阿佐田哲也)との交流で立ち直って行く物語。   女優・夏目雅子が白血病で亡くなったころ、ちょうど私の夫も白血病闘病中だったので、 その後の夏目雅子に関する記事やニュースにはなぜか敏感に目を通してきたように思う。 その夫であった伊集院静氏に関しても、 同じように白血病の若い伴侶を看取った者という仲間意識?のようなものを感じる。(一人勝手にでは... 続きを読む
昨日(15日)は、久しぶりにいつものシネコンに行き、 「Ataru the first love & the last kill」 を観てきた。   「アタル」は、テレビで見てから好きになった。 スマップの中居正広くんのアタルの演技が好き。   どうしてアタルなの? どうしてチョコザイなの? と思っていたら、 どうやら本名(猪口在・・・いのくちあたる)でアタルとチョコザ... 続きを読む
昨日(9月12日)鑑賞の映画は デンマーク映画「未来を生きる君たちへ」  http://www.mirai-ikiru.jp/   世界中のどこかで、誰かが誰かの暴力の犠牲になっている。 それは、大人社会のみならず、複雑な社会の利害とは未だ遠い世界に生きる子供たちの間にも。   子どもが遭遇する心身への暴力の多くは、親からの虐待や教育環境におけるイジメであったりする。 この映画... 続きを読む
今日もまた映画鑑賞しました。   「家族の庭」 (原題:Another year) http://coco.to/movie/15601   イギリス映画 2010年作品   題名から想像するようなほのぼの感はありません。 公式サイトが見つからなかったので、参考までに ↑ のURLを貼っておきます。   この映画の内容は、最近立て続けに鑑賞した数本の映画の中... 続きを読む
考えあぐねた末、TKPシアターの6ヶ月フリーパスを買った。 期間中は、新作・準新作以外の映画は見放題。   ということで、早速、昨日に引き続き今日も映画鑑賞。 デンマーク映画「偽りなき者」 http://itsuwarinaki-movie.com/index.html   幼稚園女児がついた嘘で一人の男の人生が壊されていくストーリーは、 誰かによる実態とかけ離れた記述で誰かの... 続きを読む
        TKPシアターで映画「桃(タオ)さんのしあわせ」を観た。            13歳から60年間、ひとつの家で住み込み家政婦をしてきたタオさんの老後を描いた作品。 実話をもとに制作された映画という。   親兄弟が皆アメリカに移住して、香港に一人残った映画プロデューサーで... 続きを読む

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ