2013年7月アーカイブ

「終戦のエンペラー」を観た。   客席は、予想通り、私と同年輩らしき人々が多い。   ここで、表題とは別の話だが、 昨日初めて60歳以上はチケットが1000円になっていることに気付いた。 これまでは職場の斡旋で割引チケットを手に入れていたが、 これからは、その必要もなく1000円鑑賞ができるようだ。   今回の「終戦のエンペラー」はハリウッド製。 監督はピーター・ウェ... 続きを読む
平岩弓枝:著 「老いること 暮らすこと」を読んでいたら、面白い表現に出くわした。 いわく、(中婆さん)。 意味するところは、60歳代くらいの女性か。   それを読んでハタと思いついた。 50歳代は(小婆さん)、60歳代は(中婆さん)、70歳代以上は(大婆さん)かな、と。   私は、他人から(おばさん)だの(お母さん)だのと呼びかけられることに違和感を感じてきた。 名前を名乗れる... 続きを読む
自分でも最近、明らかな自覚となっているのが「鈍化」である。 感受性の鈍化、身体能力の鈍化、社会性の鈍化などなど。 それは、あらゆる面においての老化現象として仕方がないことだろう。   ただ、その変化を自覚して、自らを律することができるかどうかに、 これまでの一個人としての生き方やものの考え方の集大成が表出する。   再び、山口県周南で発生した事件に関してだが、 彼は故郷に戻った... 続きを読む
山口県周南で5人の殺害と放火をして行方不明になっている63歳の男性容疑者の件。   メディアによって次々に明らかにされる情報を視ていて思うことがある。   彼は15歳で故郷を出て、関東地方で長年働いていたという。 親の介護をすることと、故郷に骨を埋めたいという想いもあって帰郷した。   ところが、長年暮らした都会で、彼の何かが故郷の空気にそぐわないものになっていたのだ... 続きを読む
広島県呉市の16歳少年少女の起こした殺人事件に関して、次第に事件の内容が明らかになっていく。   直近の情報では、自首した少女は遺体の損傷のひどさを目の当たりにして自首を決めたそうだ。   そのことから、 おそらく犯行に加担した少年少女は「人の死」に立ち会った経験が無かったのではと思われる。   最近では、身近な人の自然死にさえ立ち会う機会が減っている。 60-70代... 続きを読む
先日読み終えた「パラドックス13(サーティーン)」のキーワードは、 数学的に整合性のある物質と数学的に説明のつかない人間の "知性" との矛盾が引き起こした空想的事象。   考えてみれば、無機質の物体や植物などには(とりあえず人間の知る範囲で)知性と呼ばれる情動は無い。 動物には、人間が「おそらくそうではないか」と読み取れる情動があるように見える。 ただ、人間と違うのは、その情動が複雑で... 続きを読む
名古屋市の中学2年生男子生徒が自殺した事件で、教師の "発言" の有無が問題視されている。 「度胸もないくせに」 「人間はそう簡単にそんなことできるもんじゃないから」 という言葉を、学級の多くの生徒たちが耳にしたと証言している。   にもかかわらず、 担任教師は、記者会見で「言っていない」と言い、 「私がこの場でどのようなことを言っても、それを聞いた人の理解の仕方はそれぞれだから」 当日... 続きを読む
以前、確かに登録はした。 それは、ある個人ウエブサイトのメールマガジン配信だった。 その管理者が使っていたメルマガ配信元から、商業的なメルマガが届くようになった。 長らくそのままに(受信→削除)の作業をしてきたのだが、 最近、思い立って配信解除の手続きをメール送信してみた。   なのに、わずかな文言の付け替えをして、相変わらず頼みもしないメルマガが配信されてくる。   いまのと... 続きを読む
またまた子供がらみの事件報道に寄せて、私の思うことを。   公園で遊んでいた(男2人、女1人)の小学生が、40代くらいの男性に乱暴を受けたという話。   最初は、刃物を押し付けられたという話から始まって、 いや、刃物ではなく、どうやら木切れだったようだ、になり、 最後は、子供たちがベンチで寝ていた男性を勝手に携帯カメラで撮影しようとしていたところ、 その男性に見つかり、一旦はそ... 続きを読む

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ