2008年9月アーカイブ

 BS放送で映画「学校?」を再び観た。以前、映画館で観たのはもう10年も前のことになるらしい。ちょうど中高年のリストラが社会問題になっていた頃の作品だったのだろう。職業訓練校に机を並べた中高年の友情とその仲間うちの紅一点である母子家庭の母が懸命に生きる姿を描いた作品。原作者の実話をもとに山田洋次監督が「学校」シリーズとして映画化された作品だと覚えている。    この映画を観た時、私は大竹... 続きを読む
人はそれぞれ生き方さまざま 泥田に咲けども蓮華香りたち 掃き溜めに足踏み入れようと鶴は鶴   その気概もて生き抜かん   顔は偽りなき名刺なり (2008年9月20日   露草)    残忍な人が増えたのだろうか?それとも、もともと潜在的に誰もが持っている残忍性が、困難な社会状況に応じて表面化する機会が増えたのだろうか?人間とは、これほどまでに卑しく残虐になれるのかと... 続きを読む
午後には、ツユクサもお疲れの様子。   この葉ももうじき色変わりして散るのかな?   丸、三角の葉をつけたこんな植物もある。 続きを読む
 映画「おくりびと」を観ました。    永遠の旅立ちを見送ってくれるのは家族や友人・知人だけではなくて、こうした人たちも手を貸してくれるのだということですね。納棺師という存在を、私は今回始めて知りました。遺体を前にして、厳かに旅立ちの身づくろいを整えてゆくその所作に感動を覚えました。できれば自分も、せめて人生の最期には、このように心を込めて丁寧に扱われたいものだと思います。  ... 続きを読む
 つい2?3日前もテレビ番組の解説者が「日本はいつからこんなにモラルの低い国になったのでしょう」と嘆いているのを聞いた。"品格"を取り上げた本が話題になり、あれにも品格これにも品格と、一時期"品格"という言葉のバーゲンセールのようになってしまった。言葉は踊れど人は踊らず、"品格"に関する話題はいつの間にか消えていった。    どんなに能力があろうと、財を成そうと、体力まかせに活動しようと... 続きを読む

このアーカイブについて

このページには、2008年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ