2014年6月アーカイブ

思ったことを何でも発言して良いわけではない。 一方、思ったことを言わなければ何も伝わらない。 その両方の兼ね合いは難しい。 こうすれば正解という発言の方程式は無い。   人は皆、けっこう恣意的に発言している。 それらの言葉に一々反応していては身が持たない。 とは言っても、 全てを無視してしまっては、自分の方が傍迷惑な人間になってしまいかねない。   つくづく言葉を選ぶことの難し... 続きを読む
車で買い物に行き、マンションの駐車場にバックで駐車しようとしました。 前方に、4歳くらいの男の子と3歳くらいの女の子を連れた男性が見えました。 その男性は二人の幼児のお爺さんです。   子どもたちはスケートボードに乗っかって、こちらに進んできます。   私はてっきり、そのお爺さんは、幼児にスケートボードから降りるように注意するものと思っていました。 ところが、前を進む男児に声を... 続きを読む
カンニング竹山似の元同僚と楽しい会話をしての帰路、最寄駅で電車を降りてのこと。   二人の中学生とおぼしき女子が、駅の階段で自転車を持ち上げようとして四苦八苦していた。 二人ともハンドルだけを握って階段を押し上げようとしている。 平坦地で自転車を押すのと同様の動作。 これじゃあ重い自転車は持ちあがらない。   私「あのね、自転車を持ち上げるのはね、左手でハンドルを握って右手でサ... 続きを読む
元同僚にバッタリ出会いました。 場所は、駅の改札を入ったコンコース内にあるハンバーガー・ショップ。   実は、この元同僚と、このハンバーガー・ショップで偶然出会うのは二度目です。   一度目は4年前、彼は退職の送別会、私は異動の送別会に向かう直前にコーヒーでもと立ち寄った時。 お互いに、これから送別会に向かうところだったので、話もそこそこに別れました。   あれから4... 続きを読む
今、「アルジャーノンに花束を」の著者 ダニエル・キイス氏が亡くなったというニュースが耳に入った。   科学技術の未来を予測して著されたSF作品。   過去に読んだSF小説の中で「アルジャーノンに花束を」と「わたしを離さないで」は忘れ難い作品。   「アルジャーノンに花束を」は、知能が劣る主人公が脳の先進手術によって並外れたIQを獲得するという話。 「わたしを離さないで... 続きを読む
  つれづれなるままに ひぐらしテレビの前に座して糸遊びす。 というわけで、 できたのがこのボレロ。   にほんブログ村 続きを読む
昔から文房具店であれこれ見るのが好き。 特に、便箋や封筒・季節の絵柄入りハガキなど。   手紙を書く機会がめっきり少なくなり(と言うより皆無に近くなった)、 文房具売り場に足が向くことも無くなった。   今日久しぶりに、デパート専門店街に昔から在る書籍文房具店に立ち寄った。   スケジュール帳の記入用に緑と青のボールペンを買うつもりだった。 ちなみに、3色一本になって... 続きを読む

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ