先日、仕事帰りの電車内でのことです。

 幸い座席を確保できてホッとしていると、近くの座席から、何かを喚いているような声が車両内に響くようになりました。図太いだみ声の男性の声です。どうやら外国人が携帯電話で話しているようなのです。

 車両内の他の乗客が静かなので、彼の声はとても気になります。でも、誰も彼に非難の視線を投げるわけでもなく、まして、注意などしようとする気配もありません。

 そんな中、私は声の主がどんな人なのか確認しようと横を見るために身を乗り出して(彼は私の席の左横、扉を挟んで隣の座席)みたり、何度も表情で「困ったもんだ」を表してみたりしていました。

 (これは注意しなくてはいけないよね)と思い始めたらたまらなくなって、車内に貼ってある「車内では携帯電話での通話はご遠慮ください」の注意ステッカーを見に行き、どうのような英文が記してあるか確認しました。携帯通話を止めるように彼に英語で注意する為に英文表現を確認に行ったのです。

 でも、結局は、彼の真ん前に席を替え、時々チラチラと彼のほうに非難の視線を向けるだけで、降車まで彼に声をかけることはしませんでした。

 私が彼の声を気にしてウロウロしていると、何人かの乗客に同様のこと(迷惑だ)を感じている様子が見られました。やはり多くの人が気になっているのです。

 結局、私が同乗していた20数分間、彼は話し続けていました。その後のことはわかりませんが、周囲の雰囲気も気にしない様子から、彼は自分の気が済むまで話したことでしょう。自分の言葉が周囲には理解できないだろうから話の内容はバレないし、誰も文句を言わないことを良いことにして。
 ちなみに、迷惑通話していた張本人はアフリカ系(?)の人のようでした。



 現在、政府は、より多くの外国人の誘い込みに旗振りをしていますが、独自の地形国土で長年培われてきた日本文化と、国境を接しての争いや文化の混在・融合を繰り返してきた外国文化の折り合いについてはどう考えているのでしょうか?

 どちらかと言えば「謙虚・控えめ」が美風とされる日本社会ですが、外国人は「自己主張・アピール」が第一のように感じます。そんな行動の対比の中で日本人が「耐える」ことを外国人が「攻めやすい、舐めてかかってよい国民」だと勘違いしないかと不安になります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




いま一番欲しいのは

|

 何の憂いもなくぼーっとできる時間です。

 子どもの頃は際限なくありました。ようやく暖かくなり始めた頃、陽だまりにムシロ(レジャーマットなんて洒落た物はなかった)を敷いて、お気に入りの本を読みふけって、そのうちに眠くなって・・・とりとめなく脳裏に浮かぶ空想の世界に遊んでいました。


 今はそんな時間、ありません。おまけに判断力の低下で頭の中はまとまりなく右往左往しています。いま私がぼーっとしていたら認知症の初期症状に間違えられるのが落ちでしょう。


 ぼーっとしたいと願いつつ、ぼーっとしてもいられない人生で終わりそうです。


 幸せなんだか幸せでないんだか・・・わかりませんが。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




何度繰り返しても・・・

|

 義兄の訃報が届いて、まず私が思ったことは「片道二時間かけて、しかもお通夜と葬儀参列はできない」ということでした。日々の仕事に穴をあけないことだけを目標に、他のことの殆どを最低限で過ごしている日々です。もはや義理を欠くことも已む無しという覚悟のこのごろです。

 でも、ふと気づいたのです。仕事帰りに少し頑張ればお通夜だけでも顔を出せるのではないかと。

 何事も早合点の早とちりが私の悪い癖です。端から「ダメ」と決めたら「ダメ」、「OK」なら「OK」と即返しするのではなく、「考えてから返事します」と言わなければと何度反省しても身につかない行動パターンです。



 結局、仕事帰りにお通夜だけは顔を出したのですが、行って良かったと思っています。疎遠になっていた義次兄夫妻や義甥たちと親しく話せたことで、疎遠が長引くことで勝手に私の中で膨らんでいたわだかまりが解消されたような気がします。

 高齢者が最期に果たす役割は、普段遠ざかって暮らしている縁者の縁を葬儀の場で再び結ぶことのような気がします。


 義兄は八十八歳でした。郷里を遠く離れた地で孤軍奮闘してきた私の心の支えだったのだなあと、日に日にその喪失感が募っているのを感じます。

 何度繰り返しても「これで良し」というお別れはできないものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 先週は姉から病気発症と手術予定との連絡を受け、昨夜は義甥から義兄(亡夫の長兄)の訃報電話を受けました。それに比べると大したことはないのですが、しばらく問題なく使えていた自分の歯が欠けたり痛み始めたりして歯科医を受診するはめになっています。そして、これは私が言及してどうなることでもありませんが、第2回米朝首脳会談がベトナムのハノイで行われます。このことは、自分が生まれ暮らしている日本の行く末に多大な影響があるという意味で無関心ではいられないのです。まして、報道情報や映像から判断する限り信頼できそうにもない首脳二人となると、不安は募るばかりです。



 というわけで、私にとって今日は、あれこれ気になる出来事が重なっている日なのです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 最近いやな記憶ばかりがよみがえってきます。思い出したくないのですが、はっと気づくと「あのこと」や「このこと」が次々に脳裏に浮かんできてしまいます。ほとんどは、私の気持ちが踏みにじられたと感じた苦い思い出です。


 なんだかなあ・・・の毎日です。


 忘れよう、忘れようとしていますが、脳内に受けた古傷はなかなか癒えないものです。


 どうしようもできないことは無かったことにしなくては・・・。どうせ、あの人もいなくなる、この人もいなくなる、そして、私も消えていく。無名の個人の記憶なんて無かったも同じなんだから気にすることはないのでしょう。私の内心だけの問題です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 久しぶりに映画を観ました。「ともしび」です。正直言って、退屈でした。途中何度も眠くなりました。筋書きは無いも同然、セリフもポツポツと単発的、あらかじめパンフレットに目を通していても、何を伝えたいのかわかりませんでした。



 でも、同じ映画館に掲示されているポスターを見て思ったのです。先日お亡くなりになった樹木希林さんの映画が何本か上映中または上映予定なのですが、高齢者を扱う映画で最後はほっこりして終わる日本の映画より、今日観たフランス映画の高齢女性の仏頂面のほうが昨今の高齢者のおかれた現実を映しているのではないかなと。



 昔からフランス映画は何を言いたいのか分かりづらいと思っているのですが、今日印象に残ったのは主演女優の仏頂面です。


 う-ん、シニア料金で1100円だったとはいえ、時間とお金を損した気分です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 最近の日本国内も世界情勢も、人間性を欠く動きがはびこっているように感じています。背筋が凍るような話ばかりです。権力や富にしがみつく人間たちの思うがままに決定されていく方向性に強い危機感と絶望を感じています。

 真面目に務めるとか誠実な姿勢で生きるとか思いやり深い心が伝わるとか、社会生活者としての基本ともいえる価値観は、もはや絶滅思想になってしまったのでしょうか。

 今は寒中で、一年で一番堪えがたい寒さの季節ですが、この気持ちのしばれ具合は、自然現象としての寒さのせいばかりではなさそうです。


 いったい人間はどのような未来に向かって行こうとしているのでしょうか?


 人類を滅ぼすのは地球環境の激変ではなく、人類自らのアホな行為によって自滅するという可能性が一番たかいのではないか、そう思えてなりません。



 「人はパンのみにて生きるにあらず」・・・今更ですが、この言葉が含む意味合いが現代にも通用することに驚きを覚えています。昔から、人間の浅はかな所業に危機感をもって警告を発してくれた先人はいたということでしょう。が、その警告から何かを学び、自己修正をするかしないかはそれぞれの時代を生きる人間たち次第。何を学ぼうとするか、何を生きる基本として教えるべきか、今一度立ち止まって考えなおすべきことがありそうな気がします。



 願わくば、小さきもの弱きものが虐げられず、ささやかなりとも温もりある毎日が過ごせる世の中になりますように。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




最近のわたし

|

 自宅近くに新しい店がオープンしました。

 私としては初めて耳にする店名のドラッグストアとこれまで小規模店舗でやっていたご近所の食品店が同居しています。この食品店は地元歴が長くて、シニアには人気のお店です。新店舗に入って品揃えが充実ししたようです。

 先週から3回利用してみました。往復するのに坂道は無いし、道路も歩道が歩けるし、私としては利用しやすい店ですが、仕事のある日は自宅を通り越して行かなければならないので、買い物に行くとしたら仕事が休みの日になりそうです。

 2階建ての店舗ですが、今後2階は医療機関の誘致を予定しているようです。さっそく3月には内科医院が開業するようなので、ホームドクターと言える医院が決まっていない私としては期待しています。



 いまだ働いている私としては駅近くにお店があってほしいのですが、なかなか開発が進まない状態で長い年月が過ぎています。ここにきてやっと、駅近くの整備工事が始まりました。こちらもどんな風になるのか楽しみです。電車から降りて夕食の買物ができる日が早く訪れないかと心待ちにしているところです。


 最近は集中力が散漫になってきたのか、なかなか身の回りのあれこれに着手できない日が多く、仕事に行くことを第一として、その他は最低限の対応で済ませ、ひたすら気力・体力の温存に努める日々です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

年に一度の多連休が終わり

|

 普段は、余程のことがない限り通常業務日は休まないことにして一年半余が過ぎました。お蔭さまで、病気で休むこともなく日数を過ごしています。

 そんな一年の日々で数日の連休が取れるのが年末年始です。とは言え、清掃兼務の私は、年明けの各種ごみの分別処理や整理整頓が大仕事なのですが・・・とにかく、ユックリお正月を過ごしました。

 明日から仕事です。



 さあ、今年はどんな一年になるのだろう。どんな一年を過ごせるのだろう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



情けない初夢

|

 元日の夜に見る夢が初夢だそうで・・・見ました、覚えています。なんとも情けない夢でした。



 私は旅行が好きではありません。特に団体旅行が苦手です。それは、集合時間に遅れないように身支度と荷造りすることが要領よくこなせないからです。だからといって、待ってくれたり声をかけてくれる人はありません。それは私の人付き合いの悪さもありますが、それを自覚して、無理になんとかお付き合いに参加しても、仲間として扱ってくれる人はいなかったというのが事実です。


 そんな我が人生のほろ苦い思い出である団体旅行の荷造り場面が、なんと"初夢"だったのです。やはり置いてけぼりを食らっていました。私は焦って荷造りしていました。でも、「これは夢よね」と分かっていたので、頭のどこかでは余裕を持ちながら眺めていたという次第です。


 「一富士二鷹三茄子」なんて、都合よく初夢に見る人がいるのでしょうか。


 情けない私の人生を象徴するような初夢ですが、それでも良いではないかと思うのです。だって、今現在、現実の自分の人生を懸命に生きているという自負はあるのですから。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ