治山治水は国の根幹

|
 今回九州を襲っている洪水被害には言葉が見つかりません。新型コロナウイルスが収まりきらない中での自然災害ということもあり、度重なる国難に立ち向かうにはどれほどの覚悟が求められるのでしょう。
 子どもの頃に読んだ本から知った「治山治水は国の礎」という言葉は、こうした自然災害のたびに私の脳裏によみがえります。自然豊かな国であるがゆえの自然災害の多発ですが、そこから先達たちは治山治水の重要性を学び、それ...
 「ねえねえ、あなたエクセル使ってる?」
 「この仕事初めて三年目だけど、最近やっと何とか使えるようになったのよ」
 「良かったー!あなたに教えてもらおうっと」
 「IT関連の仕事をしている娘が、コロナで在宅勤務しているんだけど、娘には聞きづらくてね・・・」
 これは二週間くらい前に交わした知り合いとの会話。彼女は犬の朝の散歩の途中。その前に二度くらい出会ったのは偶然だったと思うけれど、こちらとし...

夢よ覚めないで

|
 夢を見た。
 夢だと分かっているのに幸せな気分に浸っていたら目覚まし時計が鳴って、起き上がらざるを得なかった。休日だったので再び床に入ったけれど、夢の続きを見ることはできなかった。それでも、幸せな気分の欠片は残っている。自分の深層心理の(私の幸せはこんなこと)ということが自覚できた。それは、覚めているときに考えていることと乖離していなかったことに安堵している。
 9歳年上の姉も最近よく夢を見ると...

そろそろマスクも臨機応変で

|
 いっきに気温が上昇してきた今でも一歩外に出ると、すれ違う人の殆ど無い場所を歩いていてもマスクを着用している人が多い。報道では、厚労省の呼びかけなどを引用して、他人と接触・接近しない場所では熱中症を避けるためにもマスクを外してくださいと呼びかけているが、そこは世間の眼を気にするお国柄、マスクをしていないことにうしろめたさを感じるのだろう。
 「世間の眼」はこちらの抱える真の事情など考慮のうちに入っ...
 この語感に違和感を持ったのは、ある民放TVの朝の情報番組。アナウンサーも天気情報を伝える人も、いつのまにか【5.5】などのような【5の後に小数点】の読み方が「ごてんご」「ごてんさん(5.3)」となっている。ある日気付いてからというもの、聞くたびに違和感が先だってしまう。ほかにも【2の後に小数点】のときは「にてんなな(2.7)」とか「にてんさん(2.3)」と読んでいる。「にぃてんなな」や「にぃてん...
 最近気になること「カタカナ言葉の濫用」。
 日本語は(ひらがな・カタカナ・漢字・ローマ字)と表現手段豊富な言語。漢字は目にするだけで何を意味するのか解る。"アラート"というより"警報"と言ってもらったほうが切迫感が伝わると思うのだけれど。それをなんで"アラート"にしなければならないのか。わからない・・・
 自分が生まれ育つ過程で人格や知識を形成するために手段として使用した言語は、粗末にしてはいけ...

タチアオイの蕾が

|
 通勤路の途中にあるお宅のタチアオイに蕾がついていた。この花がてっぺんまで咲くと梅雨が明ける。誰かにそう聞いてからというもの、私にとっては、鬱陶しい梅雨を乗り切る目安になっている。
 先日から雨ふりの日が多い。今日も曇り。このまま梅雨入りか?
 これから毎日、あのお宅の傍を通るたびにタチアオイを観察しながら日数を数えることになりそう。
あゝ、それにしても、それにしても、大異変の日々であることよ・...

「ひとりしずか」に

|
 新型コロナウイルスの登場で他者との距離を保つことを求められるようになった今、私たちは「ひとりしずか」に考える心構えはできたでしょうか。好むと好まざるとを問わず、大勢の人間とかかわりを持つことが奨励されたことは本当に理想の在り方だったのでしょうか。(友達百人できるかな)という教えに無理はなかったのでしょうか。
 自分を大切にできない人が他人を大切にできるとは思えません。
 今回の新型コロナウイルス...

IT担当大臣

|
 元IT担当大臣で、「私はパソコンは使いません。そういうことは秘書がやっております」と自慢げに答弁した人物がいた。
 開いた口が塞がらなかった・・・
 そして現在のIT担当大臣。御年(おんとし)78歳だそうだ。能力を年齢で決められるわけではないけれど、テレビ画面から推察するに、この人も「この人がIT担当で大丈夫か?」と思わざるを得ない。
 任命者は、各議員の何をどこを見て大臣の椅子を与えているのだ...

暑くなってきた

|
 急に気温が上昇してきて、何となく暑さを感じている。「何となく・・・」というのは、まだ暑さに体が順応できないでいるせい。無性にだるい。梅雨前のだるさ、毎年のこと。一番つらい時季だ。
 先日、奄美地方の梅雨入りが発表されて、直後に沖縄の梅雨入り。あゝ、とうとう鬱陶しい季節が間近に迫ってきた・・・
 このところ震度3?4の地震も相次いでいる。
 この新型コロナウイルス対応の緊急事態の日々に、どうか大災...

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ