最近は忙しくて、映画を観に行くこともなかったのですが、今日は「華氏119」を観に行きました。

娯楽というより、観なくてはいけないという気持ちが私を動かしたのです。


今日はアメリカの中間選挙の結果が出る日です。

この映画は、アメリカの中間選挙と深い関連性を含んだ内容です。


中間選挙の結果が出る前に映画を観たわけですが、

映画の中に何度も出てきた女性たちが下院に選出されています。



昼過ぎには中間選挙の結果が次々に報じられたのですが、

下院ではトランプ大統領の所属する共和党ではなく民主党が多数を得たことが判明しました。

この結果を導いたのはアメリカの若年層の行動だということですが。

「華氏119」を観た後で現実の選挙結果を知ると、よりハッキリとその経緯がわかります。

果たして今後、日本の若年層がこのような行動力で国に影響を及ぼすことができるでしょうか?



映画の中に何度も出てきた女性が下院に当選したようです。

下院の歴史で最年少の当選を果たした女性、イスラム教徒で当選した女性、

いずれも映画の中で取り上げられていました。



特に印象に残った「金が選挙の結果を決める」という言葉が一回だけ出てきました。

このところ私の身近なところで、能力はないのに選挙資金が用意できるというだけの理由で

選挙に当選して政治家になる事例を何件か見て苦々しく思っているのです。

世界中どこも同じなのだということですね。



「華氏119」の監督マイケル・ムーアは、トランプ大統領のやり方をナチスのヒトラーに重ねて表現していました。



日本も気を付けなくてはなりません。

私が若いころから見てきた経験では、

戦後日本はアメリカの数年数十年後に同じような社会現象を起こしているような気がするからです。

もう遅いかもしれない。

でも、本来はアメリカと異なる文化をもっていた日本を、今更だれが思い起こさせてくれるのでしょうか。



今日の映画の観客は、私と同年配の団塊前後世代だとお見受けしました。

皆さんどのように感じておられたでしょうね。



日本では報じられないアメリカの動きを知るために、ぜひ観るべき作品だと思いました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




物に宿る思い出

|

実家を離れてから今日に至るまで、いわゆる「楽しい帰省」ができたのは数回。

母が母らしいうちに実家に帰省できたのは2回くらいだろうか。




物に対する執着心の薄い私が実家から何かを欲しがることはなかったと思う。

それでも、「お母さん、あれちょうだい」と言ったものがある。

それは型押し寿司の木型。

子供のころ、祭りや正月に母が作ってくれるのが楽しみだった記憶がある。

私も我が子に食べさせようと思って母に頼んでみた。

本当は、長方形の真ん中に仕切りがあって正方形の押し寿司が二つできる型が欲しかったのだが、

母が小包に入れて送ってくれたのは松竹梅の型に押せる木型だった。

なぜ正方形の型でなかったのか、理由はもう覚えていない。

せっかく貰った木型も、その後、松竹梅の押し寿司型の出番は無いままに食器棚の奥に眠っている。

今だに、それを取り出して眺めながら思い出に浸る時間は持てないでいる。



一方で、母の葬儀で帰省した時に貰ってきた鉢は日常的に活用している。

直径25cm・深さ10cmくらいのクラシックな鉢には固定した食物の思い出がある。

それは「ナマコの酢の物」で、私は大っ嫌いだったけれど3歳上の姉には大好物だった総菜だ。

ヌルヌルとしてグレーっぽい色合いで酸っぱい(酢の物だから当たり前)ナマコの酢の物が、私は苦手だった。

ところが、姉はその鉢の全部を一人で平らげてしまうほど好んでいた。

その鉢には、母が酢の物を作って入れていた記憶が残っている。

「ナマコの酢の物」以外では「蓮の三杯酢」も入っていたっけなあ・・・



物に執着は強くないけれど、その食器を使いながら、当時の母の気持ちを考えてみたりすることもある。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




秋の雨は・・・

|

秋の雨は、もの寂しくて、そこはかとなく感傷的になってしまう。

【青春】【朱夏】【白秋】【玄冬】、気が付けば「人生」に重ねている。

【白秋】なのか【玄冬】にさしかかっているのか、わからないが。

元気出さなくっちゃ・・・なんて、もう思わない。

まさに自然体。



それにしても、今年は曇天と雨天が続く。

自然現象も社会現象も、大荒れが続いている。

いったいどうなるんだろう。

どうなるかは予測つかないが、これだけは言える。

「なるようになる。なった結果に応じて我が身を処していくしかない」


落ち着いて、静かに暮らそうと努めている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




風邪をひいてしまった

|

日曜日から「アレッ?」という症状が始まり、月曜日には鼻水が止まらなくなった。

月曜日午後から微熱も感じるようになり、昨夜から今朝にかけて風邪症状だと自覚。



今日と明日、仕事はお休み。

相変わらず、休日に症状が出て、仕事する日には回復するというパターンの自分。

ありがたいことだと思わねば罰があたりそうだ。



おまけに、火曜日の午後である今日は症状が軽快してきて、明日一日ゆっくり過ごせば大丈夫そう。



高齢者の仲間入りしたこれからは、たとえ風邪であっても油断はできないのだろうなあ・・・

そんなことを感じた。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




他人の空似

|

血のつながりはないけれど、偶然、風貌が似ている人がこの世に何人かは存在するらしいですね。

昨年、仕事先のマンション近くで見かけた人は、私の知人そっくりでした。

視線は合ったのに反応はなかったので、おそらく「他人の空似」です。

この人の場合は、後日、ご本人とすれ違った時に「空似」だったことがわかりました。

でも、ご兄弟かご親戚という可能性もありますが、わかりません。


そして今日、駅のホームで見かけたのは、私の長姉にソックリな人です。

ジーっと見つめそうになり、話しかけたい衝動にかられました。

今日のケースは確実に「他人の空似」です。

だって、姉はもうずいぶん昔に亡くなっていますから。



それにしても似ていました。


私に似ている人もいるようで、以前、知人からメールが入り

「あなた今、〇イヤル・ホストにいるでしょう」と聞かれました。

その時、私は自宅にいたので、そのように返信すると、

「向こうの席にソックリな人が座っているのよ、話しかけなくて良かったわ(笑)」

ということでした。



世の中には不思議なことがあるものです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



通勤の途中で頻繁に出会う人たちのことが気になることを書いたけれど、

その他にも、日々の暮らしの中で見知らぬ人が気になるということもある。



もう数十年の間、出会ったことはないけれど、窓の明かりでその存在を確認している人がいる。

性別も年齢も知らないけれど、生活のリズムが同じらしいのだ。

朝が早く、夜が遅い。

我が家のベランダから見える近隣マンション最上階の住人。

ある時ふっと気が付いた。

私が朝起床して動き始めるのと相前後してその明かりが点り、

私が夜更かししている深夜も同様に明かりが点っている。

ああ、同じような生活リズムで動いているんだなあ・・・と、

勝手にその明かりに親しみを覚えてきた。



ところが、ここ2-3年、その明かりが私の行動時間とずれる日が増えた。

その人にも定年が訪れて、それまでの現役活動時間帯ではなくなったのだろうか。



(お互いに年を取ったようですね)と、心の中で語りかけている。


今後、私自身がどのように老いていくのか想像できないが、

私が「見知らぬ人」を気にするように、私も、どこかの誰かに気にしてもらっているのかもしれない。

そんなことを考えながらボチボチ生きている。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




今日は仕事はお休み。

用事があったので出かけましたが、電車が止まっていました。

アナウンスでは、私が乗車する駅から6駅先のまさに私が降車予定の駅で人身事故が発生したとか。

しばらく待っていたのですが、運転再開まで40-50分かかるとのこと、用事を諦めて帰宅しました。



このごろ人身事故が日常茶飯事になっています。

ほとんど毎日のように駅では「人身事故による遅れ」の電光表示が見られます。

世の中が荒んでいるのでしょうね。


でもね、一人の衝動的な行動で不特定多数の人がどれほど迷惑をこうむっているか・・・


亡くなった人を責めないという綺麗ごとで済ましてはいけないような気がしています。


死を選択・実行する行動力があるなら、生きていたほうが良いと思いますよ。

死んで周囲に迷惑をかけるくらいなら、生きる為に周囲の力を借りてください。

必ず救済の道は用意されていますから。


無理やり死のうとしなくても、あなたも私も、いずれ死にますから・・・

死に急ぐことはありません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



毎日同じ時間に移動する通勤を続けていると、同じように行動している人々の顔を覚えることになる。

若いころの通勤でも経験したことを、こんな高齢になって再び経験することになるとは思ってもいなかった。

言葉を交わすわけでもないのに、なんとなく親しみを感じ始めるから不思議だ。



そんな人たちの中でも、特別に顔を覚える人とそうでない人がある。



今一番気になる人は、私が自宅を出て最寄り駅まで歩く道の途中ですれ違う男性。

私より少し若いかもしれない。

彼は、朝夕必ず私と反対方向から歩いて来てすれ違う。

これから出勤するのか、勤務を終えて帰宅するのか、どちらか定かではない。

ただ、私の直感では夜勤明けで帰宅するのではないかと勝手に想像している。

きっと彼も、いつもすれ違う私を認識していると思う。

なぜかと言うと、朝は、多くの通勤者が行き交う時間よりちょっとばかり早めの時間で、

必ず1対1のすれ違いになるからだ。


彼以外にも、私の関心を引く人物が2-3人、通勤の時間帯に存在する。



人間って、面白いなあ・・・

長時間の通勤も、気の持ちようで楽しめることもある。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



昨日は、乗り換えの駅に到着する前から車内アナウンスで異常発生が知らされました。

乗り換え駅のホームに降り立つと、ちょうど救出活動の真っ最中。


「立ち入り」というからには「飛び込み」ではなさそうです。


この頃は鉄道の人身事故での列車の遅れにも慣れっこになってしまいました。

良いんでしょうか、こんな事態に慣れっこなんて・・・


救出には相当手こずっていましたが、30-40分の遅れで電車が動き始めました。



↑ の記事は、9月30日に書きかけて保留していたものです。

↓ ここから下は、10月12日に書いています。



その後、新宿で女性のスカートの中を盗撮しようとして気付かれ、

線路内を逃走した男性のことがニュースになりました。


社会的成熟のできない日本人が増えているような気がしています。
残念なことが多いこのごろです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



切り絵(コスモス)

|

kiriecosmos.JPG


キットで買った切り絵を全て仕上げてしまったので、次に切る素材がなくなりました。

それで、写真をもとに自分で絵をかいて切ってみました。

コスモスです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ