このところ、佐藤愛子さんのエッセイを読んで、大いに溜飲を下げている私。

いま読んでいるのは「たしなみなし 不敵雑記」 (2001年11月30日発行 集英社)。


一章のボリュームが短くて、大変読みやすい。


いちいち共感・同感の繰り返しなのだが、その中で今読み終えた部分をここに転載して残しておこう。


・・・転載始め・・・



「前代未聞」



ー前文略ー



 つまりこれら前代未聞の現象は日本人が前代未聞の人間に変質して来たということであろう。考えることをやめた日本人、責任も恥もない日本人が「前代未聞」の事件を引き起こしている。そのうちこの機械文明の中では「前代未聞」がすべて「普通」のことになってしまい、責任や恥のために刻苦する人間は「前代未聞」の人といわれるようになるのかも。    (p.105)



・・・転載終わり・・・



佐藤先生、

この本の刊行から16年経て、いまや事態は先生のおっしゃる通りになっています。

(責任や恥のために刻苦する人間)なんて、誰も評価しません。

(何もしないことでうまく世渡りする人間)こそあらまほしき姿だという認識(すらしてないかも)の時代です。


先生や私が念頭に浮かべる "常識" とは、もはや現代の "常識" ではなくなっているようです。

というか・・・

そもそも今の時代に、「語らずとも誰もが理解している」という意味での "常識" なんてないのかもしれません。


私の頭にはしょっちゅう「混沌」という言葉が浮かんでくるこのごろです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




権威(authority)

1)他人を強制し服従させる威力。人に承認と服従の義務を要求する精神的・道徳的・社会的または法的威力。

2)その道で第一人者と認められていること。また、そのような人。大家。

ー広辞苑よりー




とかく人は権威に対して弱い。

どこかで(この人が)(この事が)権威だと聞くと、疑うことなく盲従したり厚遇したりする人は多い。

けれども、私はこの権威がどうも苦手。


なんでこれが権威なの?

どうしてこの人が権威なの?

と思ってしまう。


権威にひれ伏し権威におもねて我が身の安泰や出世を勝ち取る人間もいる。

権威の方でも、従い持ち上げられることを当然のことと暗に要求してくる。

したがって、権威に疑念を抱きがちな人間は、縦社会の中で上昇して行くことは難しい。


真の権威とは、意外にヒッソリと地味に存在するものではないだろうか?

賑々しく華やかで富や名声がつきまとう権威と向かい合ったら、

眉に唾をつけたほうが良いのではないか?



そう思う。



権威なんてキライだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




ゴミの分別やリサイクルが浸透してきた。


いまはアルミ缶がけっこう良い値で買い取られるのだそうだ。


テレビ番組でホームレスの取材をしたものをみると、彼らの収入源がアルミ缶だったりする。

今、私が仕事に通っている地域にはホームレスが多いことに気が付いた。

しかも、駅近くに定住している。

飲食店(ラーメン屋だったかな?)のすぐ横に定住している者もいる。

残り物のおこぼれには預かり易そうだ。

でも、客としてはその店には入りたくない光景だと思いながら横を通り過ぎている。



それで・・・リサイクルのアルミ缶の話。


先週、勤務先のマンションに向かっていた私が見た光景は・・・

(ちなみに、その日は自治体の資源ごみ回収日で、戸建て住宅のゴミは歩道にそれぞれ出されている)

歩道沿いを自転車で流しながら、出された資源ごみの中からアルミ缶だけを集めている男の姿。

自治体の回収車が出動する前にアルミ缶だけ横取りしているというわけだ。

だから、自治体指定の箱の横には「これは自治体に出された資源ごみです。持ち去り禁止」と書いてある。

でも、朝の通勤時に通行人の目も気にせずに堂々とアルミ缶だけ自分の持ってきた大袋に集めて歩く人間には、

そんな注意書きなんて屁の河童で効き目などありはしない。


わざわざ分別されたゴミが、「持って行ってください」と一斉に道路わきに出されるのだから、

頼まれもしない輩にとっても好都合な"儲け"の日だというわけだろう。



私の住むマンションのごみ置き場は、屋根はあるけれど外部から入って来やすいオープンな場所。

そこでちょくちょく見かけるのは不燃ごみの日に漁りに来る怪しいオッサンの姿。

さすがにガラガラと結構な音を発するアルミ缶の泥棒は難しいのだろう。

不燃ごみの中から、まだ使えそうな物とか修理すれば古物として商売になりそうな物を漁っているのだと思われる。


以前、理事長をやっていた時には、こうしたごみ置き場の荒らしに声を掛けたりした。
注意されたから止めるような人間なら、他人の敷地に入って勝手に物を持って行くようなことはしない。

声を掛けて注意しても、睨み返されて無言で立ち去られるだけのこと。

たとえ声を発しても「いいじゃねえか、捨ててあるんだから」という捨て台詞が返ってくるだけ。



確かに、要らないから捨てたものが「ゴミ」ではある。

が、そのゴミがお金になるとなるとゴミも財産である。

実際、資源ごみに関しては自治会に報奨金として幾らかのお金が入ってくることになっている。


ゴミだから黙って持って行っても構わないだろうは通用しない。


たとえゴミと呼ばれていても、焼却されるとか、リサイクルで別物に生まれ変わるとか、埋め立て処分されるとか、

法に則った形で処分されるまでは個人から自治体へ、自治体から処理業者へと所有権が移行している。



早朝、人目も構わずゴミ出し場からアルミ缶をかっぱらって行く男を見て、

なんだかイヤーーな気分だった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




もう最近では嘆いたり怒ったりすることにも疲れてきた。

どうでもいいや・・・そんな感じ。


こうでなければ!ああでなければ!これは違うでしょ!そんなことしちゃダメでしょ!

ずーっと、身辺で発生したり見聞したりする出来事に自分なりの意見をもって怒ってきた。

それらの事象のほとんどが、自分とは関わりなくなりつつあることを意識せざるを得ない年齢になって、

もうどうでもいいや・・・が増えてきた。



このところ佐藤愛子さんの老齢になられてからのエッセイを2・3冊、続けて読んでいる。


彼女の物事の見方や考え方、それに生き方も、なんとなく共感することが多い私。

「痛快、痛快」と、通快(通勤快速)に揺られながら佐藤愛子さんのエッセイを読んでいる。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





20170613kara2 (338x350).jpg  20170613kara1 (350x332).jpg

一輪だけだと思ったカラーの花。

↓ の記事をアップした直後、もう二輪が咲きました。

全部で三輪の花です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



カラーのその後(花)

|


20170606kala (199x350).jpg


20170606kala1 (350x335).jpg


先日、蕾がついたので喜んでここにアップしたカラーが咲きました。


カラーといえば白が定番ですが、これはピンク。

一輪だけですが、嬉しい。



カラーという花には苦い思い出があります。


昔、職場の事務さんが産休中に、代替要員として来てくれた女性が結婚することになりました。

同じ職場に在籍中のことで、彼女は私も結婚式に招待してくれて、私は大いに感激でした。


その後、職場の有志で彼女の結婚を祝う食事会を企画して、

その際に渡す花束調達係を私が引き受けたのです。

そこで、主役の彼女に「好きな花はありますか?」と訊いたところ「カラーが好き」ということでした。



カラーの花束といえば、ブライダルのポスターによく使われているように、

1本または2-3本のカラーを茎長く切り、なるべくラッピングしないで茎の下方にリボンを飾る、

これがカラーの清楚さや凛とした花姿を生かす花束の定番です。


食事会の前にお花屋さんに注文した時に私の頭の中にあったのは↑上記のようなものでした。

「では作っておきますので」と言われて、私は一旦その店を離れました。

(お花屋さんだもの、間違いないよねぇ。説明もしたし)という油断でした。


しばらくしてお店に行くと、「え・え---っ!!(驚)」の花束が!!

さまざまな小花の中にカラーが2-3本、すっかり埋もれています。

おまけに色つきの紙でラッピングまでされて・・・

これではカラーの良さが生かせていません。

まったく普通の花束になってしまっています。



その時の私の後悔は(この場所から離れずにしっかり見ていれば良かった・・・)というものでしたが、

時すでに遅し、集合時間が迫っていたので修正を諦めました。



その花束を受け取った彼女の反応はというと、イマイチでした。

当然ですよね。



お花屋さんだから分かっているはず、という私の思い込みが失敗につながったわけです。


それからというもの、カラーの花を見る度に心が痛む思いでです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




テレビニュースでコンビニが店員確保に困っているという。

そこで目を付けたのが元気なシニア世代。

先日は、外国人をコンビニ店員に採用する会社が増えているという話もあった。


確かに、労働力が不足しているなら働こうかいねと思うシニアもいる。


年寄りがお金を持っていると世間は思っているらしいが、そんな年寄りばかりではない。

ギリギリ自分の老後生活は賄えるシニアでも、

子らの生活が厳しければその親の暮らしも厳しいものになる。

オレオレ詐欺が電話してきても出せるお金がなければ騙されようもない。

働ける限りは働かねば、そういう状況で働くことを選択しているシニアもいる。

決して道楽で働くわけではない。



今回定年後の転職をしてみて、

シニア世代の雇用や労働条件などの現実が少しずつ見えてきた。



高齢者を雇用すると会社は国から補助金を支給される。

これは、障がい者を雇用しても同じ。

しかも、高齢者も障がい者も支払われる賃金は低く抑えられている。

こちらの弱みに付け込んでいるとしか思えない。

では、高齢者や障がい者の特徴に合わせて、

仕事は軽微で責任の軽いことを任せているのかというと、

必ずしもそうとは言えない。


厭なら辞めてもらってもいい、きっと会社にとってはそれくらいの対象なのだろう。



今回の仕事に入る前に、丁寧な研修を5日間してもらった・・・と私は思っていた。

しかし、現場に配置されてみると、

研修は駆け足で現場の実情に即当てはめられるものではないことが分かった。

それでも現場は日々動いて行く。

「知らないから、不慣れだから」で済むことではないことばかり。

そして、会社も現場に着任して早々から、一人前の扱いをしようとする。

本社または支店のオフィスのデスクから、現状も確認せずに指示を出してくるのだからたまらない。

『事件は現場で起きている』  ムムッ、どこかで聞いたセリフ・・・


デスクワークの人間ってぇのは現場(現業)の出来事や人間をいとも簡単に見下してくれる。

じゃあ、お前やってみろ!と言いたくもなるが、

彼らは自分の立場が逆転することなど無いと思っているから、

現場の問題を理解しようという"無駄"な動きはしない。



特に、最近会社に正規雇用されるのは20-30代の若い世代の限られた人数。

その下で働くシニアとしては精神の消耗ハンパない。

年寄りと言うのは、自分の子供や孫のことを考えると、

ついつい若い者に気を遣ってしまったりしがちなのだ。

では反対はあるか、つまり、若い社員が年寄りのパートに気を遣ってくれるのかということ、

まず、それは期待できない。

しかも、要求される仕事の量や内容と雇用契約条件(労働時間・給与)がつり合っていない!

下手すると正規雇用社員より過酷な労働を強いられている場合もある。


そりゃあ、さまざまな社会経験や被雇用経験を経てきたシニアですから、

まったく新しい仕事だとしても、引き継ぎさえちゃんとしてもらえれば慣れて行くのは早いはず。

だから、説明すべきところはちゃんと説明しろよ!と言いたい。

説明も無しに実務を次から次に押し付けてもできるわけないじゃん!

それはシニアの個人能力があるかないか以前の問題でしょうよ!!


それにねぇ・・・次から次に仕事をさせようとしても、あんな報酬じゃあ無理。

『こき使いたいなら金をくれ!』って、これもどこかで似たようなセリフが・・・ありましたっけ(苦笑)。



そう言えば、昔「金のたまご」と言われて高度経済成長に貢献した世代が今やシニア。

そして再び労働力として期待されているなら、今度は何と呼ばれるのだろう?

「金のたまご」では、ちょっと厚かましいかな?

じゃあ「金の老鶏」か?

いやいや、「金」は厚かましいかな?

じゃあ「銀の老鶏」か?

「銀」も厚かましい?

では「銅の・・・」でいかがでしょう?


とにかく、シニアを労働力としてあてにするなら、

それなりの労働環境と雇用条件を整備してほしいものだと思うようになった。


こういう労働の現場の問題をわかっていないのはどこの誰なんだ!

「責任者出て来い!」って、これもどこかで聞いたような・・・



なかなか難しい時代ですなあ・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



郵便ポストみっけ!

|


今日は、いつも歩く道の一つ手前で曲がって駅に向かってみた。

すると、あった、あった、あったー!

郵便ポスト、とうとうみっけたぁ!



でも、そうとうくたびれたポストだ。

やはり、予想通りというか、新興の建物の前ではなく、

その地に古くから住む個人宅の近く、その土地の公的施設の前にあった。


やれやれ、これからは1時間も郵便物を持ち帰る必要がなくなったわけで・・・ホッ。


郵便ポストの新設は、やはり、あまり気前よくバンバンやらない方針なのかもしれない。

そんなことを想像した。


まあ、なんにしても、郵便ポストが見つかって良かった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



郵便ポストが無い!

|


このところ生活の移動範囲が広くなったために見聞することが増えている。


そんな中、驚きもしたし困りもしたという出来事。


仕事の関係で郵便物を送付しなければならないことになった。

仕事帰りにポストに投函すればいいよね、と安易に考えた私は世間知らずだった。



私の記憶の中では郵便ポストは街中のあちこち目につく場所にあるもの。

まして駅前には絶対に有るもの、と思っていた。


前記事で述べたように、現在通っている街は若い世代が圧倒的に多い街。

住宅地なのだが10階以上のマンションが立ち並ぶ地域。

これだけの人口が住んでいれば、きっと駅までの道のどこかにはポストが・・・ある・・・よ・・ね。

ところが、ない・ない・な--い!。

ポストが無い!

駅前にすら無い!


とうとう自分の住んでいる街まで郵便物を持ち帰り、

自宅最寄りの駅前でやっとポストに投函できた。



ああ、郵政民営化とやらで郵便事業の後退はポストの数にまで変化をもたらしたのか・・・

とは少々筋違いな感想かもしれないが、そもそも私はあの郵政民営化に反対だった。



若い世代が多く住む、近年発展した住宅街には、設置される郵便ポストが少ないのだろうか?

ビジネス街では、いまだにそれなりに郵便の利用はあるだろう。

しかし、手紙を書かなくなったと言われる若い世代にとっては、もはや郵便は縁遠いのかもしれない。

このごろは、郵便に頼らずとも宅配業者のメール便もあるし、

親しい間柄のやり取りならスマホやメールが主流だろうし、

わざわざ便箋・封筒・切手を揃えて直筆文字で想いを認め、

ポストまで足を運んで投函する作業なんて「かったるい」の一言で避けられてしまうのだろうか。



私が住んでいる街は、昔からの土地柄で郵便ポストの数は多い。

自宅近所のポストのありかは大体把握している。

一度設置したポストの撤去はしないけれど、新設に関しては難しい時代なのかもしれない。

いや-----それにしても、これからも郵便物送付の際には電車で一時間持ち帰りになりそうな・・・

なくなって初めて有難味を知るのは何も親ばかりではなく、ポストよお前もか!という話。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




戦後の物のない時代からバブル絶頂期のころ、

我々の思考は「あれが欲しい、これも欲しい」のプラス思考だった。


隣がいい車を買った、テレビを買った、洗濯機を買った、家を買った、うちでも欲しい。

そうして、大物から小物まで、暮らしは物で溢れかえるようになった。


今は、片づけられない汚部屋が話題になり、

断捨離とやらで如何に物を減らすかが人々の関心事。


その一方で100円ショップは大盛況。

あれも100円これも100円で大量買い。

せっかく断捨離しても、身辺はまたまた物で埋まっていくというお粗末。



物に限らず、新しい場所に新しくやって来た人間が、自分発想の新しい事を始めたがる例も多数見てきた。

イベントや仕事内容の見直しは結構なことだが、

まったく新しい事を始めるのはその場所で最低でも一年過ごしてからにしたほうが良いと思っている。

それまで何の不都合も無く推移していた場所で、することが増えるというのは負担なものだ。

それに、始めた人が最後まで責任をもってくれるわけではなく、

次にその場所に来た人は「前からやっていることだから」と言われれば止められない。

そうして、こなすべき仕事や年中行事はどんどん増え、携わる人間の負担は増加するばかり。


新しい物や事が本当に必要であるか否かの判断が足りないのではないだろうか。



物を買うにも「本当に使うのか?」を考えて買うようにと、片づけの識者の言葉。

事を始めるにも「代々受け継ぐ意味のある提案か、そのことをできる余裕のある環境か」を考慮しなくては、

後々の負の遺産になり兼ねない。



イケイケドンドンで成長を続けてきた社会も、今は低レベルで停滞気味。

これもあれものプラス発想をするより、当節、無くてもよい物や事柄を整理する時代ではないか。

よりシンプルな生活環境や仕事内容で自分たちの負担を軽減する方向に向かわなければ、

いずれは自己破綻の道を辿りかねないと見ている。


現状に何かを足して表面だけ取り繕うのではなく、

整理統合をしてスッキリさせたほうが動きやすいし暮らしの満足感も高まる。

マイナスという言葉は、決してネガティブな意味合いだけではない。


これ、長年勤めた仕事現場の体験から導き出した私論。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ