今年一年間、ヒヤヒヤした話

|

ずっと前、私が40代のころ、職場の仲間と談笑していたときのこと。

ある女性が、戯れの占いをしてくれた。

その時、彼女が私に告げた占いの結果は、

「あなたは63歳で生死のかかる大病をするでしょう」ということだった。



それ以来、63歳という年齢が来るのが怖くなり、少々の不安を抱えることになった。



そして今年が63歳の一年間だった。



11月に64歳を超え、いま約一ヶ月が過ぎて、何事も無かった一年に感謝している。



戯れの占いでも、内容によっては人の一生に余計な不安を与えてしまうこともある。

40代当時の私は、夫亡きあとに子ども二人を何とか成人まで育てなければと、

ガチガチに神経を張り詰めていた時期だった。

私が63歳になる頃には、私に何があろうと子どもは生きて行けるだろうと、

万が一その占いが当たる時のことを想像して、毎日を懸命に生きてきた。


そういう意味では、悪い占いの結果を、懸命に生きる理由づけにできたとも言える。

ま、無事に63歳を通過した今は、残りの人生はハラハラドキドキすることなく、

楽しんで暮らしたいと思っている。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2015年12月27日 11:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さあてっと、今日は何をしようか」です。

次のブログ記事は「不寛容が拡大して、皆が生き辛くなる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ