異動の季節は不安の季節

|

4月、人事異動の季節。

退職後も同じ仕事で働いている私には、もはや自身の異動は無い。

ただ、現在の職場から去って行く人、やって来る人の入れ替えはある。

それに伴う職場の人間関係は、蓋を開けてみるまでの不安の種である。

 

今年3月まで、私は職場トップの人柄に多くの場面で救われた。

雰囲気の冷淡な職場での二年間の勤務後半、私は陥れの謀略標的になってしまったのだが、

職場トップの理解ある対応で、自信を失わずに勤務することができた。

 

今回の異動でそのトップが交代する。

 

次のトップは、6年前二年間同じ職場だった人。

その時も、私は若いお嬢ちゃん同僚の自己中心的妄想の標的にされていた。

周囲の人々は、どちらに理があるか分かっていながら、職としては立場の強いお嬢ちゃん側に付く人が多かった。

今度赴任するトップは、その時(お嬢ちゃん側に付いた)一人。

偉くなった彼と、私は再び同じ場所で仕事をすることになった。

ただ、彼は当時、私に理があることを分かっていたらしい。

送別会の席で、私の耳にそっと「〇〇さん、力になれなくてごめんね」と告げた人。

 

と言うわけで、4月に現在の職場にトップとしてやって来る彼が「あの時は・・・」と持ち出したなら、

「昔のことは全部忘れちゃいました。。。これから新しく、よろしくお願いしますね」と言えたらカッコ良いだろうなあ。

カッコの問題ではなく、私はそういう受け答えしかしないだろう。

問題は、向こうが私のことを(あの時申し訳ない仕打ちをした相手だ)と認識してくれているかどうか。

 

開けてビックリ玉手箱!!

さあ、新年度の職場で、私は障害無く仕事に専念できるでしょうか?

玉手箱は4月1日に開きます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2014年3月27日 13:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一足先に満開」です。

次のブログ記事は「低俗とされた番組」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ