ゆで落花生

| | コメント(2)

yuderakka(350x263).jpg 

 

いま、千葉県は落花生の収穫期を迎えています。

私のささやかな畑にも二株の落花生がありまして、昨日収穫してきたところです。
地元の農家の人たちによると、収穫直後の落花生は茹でて食するのが一番!だとか。
でーッ!   私もさっそく茹でました。

美味しい、おいしい、オイシイ・・・・・もおッ ! 手が止まりません。
落花生はこれが一番!との結論にいたりました。

 

↑ 見た目は少々難ありですが、大きいものは市販の落花生では見られないほどデカい粒です。

調理法が「茹で」なので柔らかく、収穫直後の甘さがしっかり味わえます。

 

生の落花生は、関東近辺(主として千葉県)でしか手に入りにくい食材ではないでしょうか?

というか・・・千葉県には落花生くらいしか名物がない・・・とも言える。

 

今年、私の菜園で採れた一番おいしい作物となりました。

コメント(2)

お久しぶりです。

千葉県民だった2年間には,結局きちんと落花生を食べませんでした。「いつでも買える」などと思っていてはいけなかったのだと,今になって思っています。

そういえば,家族はミレニアムの前後に浦安に住んでいたので,数年間「千葉都民」だったんだ(かみさんは県内に通勤していましたが…)。

なもさん、おひさしぶりです。

私もこれを食べるまで、落花生をあなどっていました。
「確かに名産地で美味しいけれど、所詮は落花生」と・・・

それに、茹で落花生を八街から通販で買ったことがあるのですが、
その時には、さほど美味しいとも思えなかったです。
たぶん、茹でて時間が経っていたからでしょうね。

掘り上げて間もない落花生を茹でて食する、
これほど美味しい食べ物だったとは!!
今年の植え付け作物に落花生が含まれていなかったら、
私も一生味わう機会を逸していたかも知れません。
だって、来年はもう、畑を借りないつもりですので。
千葉県名産落花生の真価を知った気分です。
(ちょっとオーバー?)

と、なもさんをうらやましがらせてしまったかな(笑)

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2012年10月14日 13:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「草間弥生さん」です。

次のブログ記事は「お礼の表現は難しい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ

最近のコメント