期待していないから

|

 すったもんだの末に、増税法案が衆議院を通過したらしい。

 

 今日のニュースは、与党・民主党の造反議員が何人であったかを分析する話題でもちきり。そして、造反組の大将の記者会見と この法案可決に政治生命を賭けた総理大臣の記者会見。「国民のため」「国民の総意」などなど、「国民」という言葉が随所に織り込まれたコメントが語られる。

 

 ちょ、ちょっと待って!! その「国民」って誰のこと? あなた方、いつどんな手段で私たちの意見を聴きましたか? いまこの国で暮らす人々の暮らしを真剣こ考えたことありますか? 声なき多数の人々が、すでにもう経済的にも精神的にもギリギリに追い詰められ、疲れ果てていますよ。

 

 「国民」という言葉を安易に使わないでください。十把一絡げで「国民」とまとめられても「国民」という実態はありませんよ。まして、あなた方に期待している人々はどれほどいるでしょうか?あなたの都合の良いコメントを彩るために「国民」という言葉を使わないでほしい。

 

 多くの人たちが現在のこの国の政治状況に(匙を投げて)諦めの境地ではなかろうか。しかもその(匙)は、決して(銀の匙)ではなく(使い捨てのプラスチックスプーン)だろう。いまこの国で(銀の匙)を持てる人は限られている。見廻すと、(プラスチックスプーン)さえ持てない人が増加している現実。

 

 贅沢は望まない。ささやかでいいから、明日に不安を抱かなくて済む日々を暮らしたい。

 でも、現在赤じゅうたんの上でふんぞり返って「国会学級会」を延々とやっているあなた方には期待していないから。あさましき政治屋たちよ。ガックシだわ・・・

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2012年6月26日 22:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「老い」を考えた」です。

次のブログ記事は「品性を保つということ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ