顔は生き方を物語る

|

人はそれぞれ生き方さまざま

泥田に咲けども蓮華香りたち

掃き溜めに足踏み入れようと鶴は鶴

 

その気概もて生き抜かん

 

顔は偽りなき名刺なり

(2008年9月20日   露草)

 

 忍な人が増えたのだろうか?それとも、もともと潜在的に誰もが持っている残忍性が、困難な社会状況に応じて表面化する機会が増えたのだろうか?人間とは、これほどまでに卑しく残虐になれるのかという事件が多発する。

 

 「欲望という名の電車」という芝居があるが、現代はまさに欲望が突っ走っている観がある。それも、我が身を利する姑息な欲望と本能行動ばかりが目立つ。もはや猿を軽侮する資格は人間にはないのでは?そう思わせる出来事も増えた。

 

 而上の思考を深めて行くという、人間ならではの精神活動はいつどこで衰退してしまったのだろう。本当に大切にしなくてはならないものやことは何か、もう一度確認して暮らさなくては。

 

「真実一路の道なれど 真実鈴振り思い出す」

 

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2008年9月21日 01:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「植物あれこれ」です。

次のブログ記事は「映画「学校?」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ