新型コロナウイルスのワクチン接種予約した

|

 在住地の自治体におけるワクチン接種対応があまりに遅くて、待ちきれずに大規模接種センターに予約した。別に、ワクチンを打たなければ安心できないからというわけではなく、曲がりなりにもお客様相手の仕事に従事している以上は個人的な感情で拒否してはいけないだろうという理由。本音を言えば "打ちたくない" 気持ちが強い。新しい手法で急製造された薬を体内に取り込むことには抵抗がある。私は古いタイプの人間なのだ。

 接種後の副反応とやらが私の場合にはどのような症状ででてくるのか、多少の不安を感じないではない。何しろ接種翌日も仕事があるのだから、過度の副反応が出れば厄介だ。


 このままいくと丸二年は確実に新型コロナウイルスとの戦いで失われる歳月になるだろう。世界中に拡がった感染の始まりはどこだったのか。それこそ「責任者出てこ~い!!」と叫びたい気持ちだ。

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2021年6月 8日 21:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「老化は足から」の始まりなのか」です。

次のブログ記事は「ハトが大っ嫌いになったわけ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ