「物言えば唇寒し秋の風」

|

このところ社会のざわつきについて思うことはあれど、

表題の通り「物言えば唇寒し秋の風」を予感して言葉数も少なくなっている。



もはや何を言っても無駄なのか、それとも、都度都度思うことは残すべきなのか。



いずれにせよ、ものごとは「なるようになる」わけで、

「なった時(状況の方向性が見えてきた時)」にまた考えれば良いかとも思う。



何を言ってもスカっと空振りになりそうな虚しさを覚える日々。

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2020年9月 9日 19:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「周囲に聞こえる声で独り言を言う人が増えた?」です。

次のブログ記事は「ただただ茫然と・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ