桜満開なれど意気消沈の春

|

 例年通り、眼下の公園の桜は今満開を迎えている。昨日は北風と寒気のせいで寒かったが、今日は穏やかな日和で、春の到来を実感できる。

 自然の移り変わりそのものに感情は宿らないが、それを眺める人間の側の感情次第で目に映る景色が楽しくも悲しくもなるし、場合によっては目に映っていても見えていないと同然ということにもなる。


 果たして今年の桜は、後になってどんな風に思い出すのだろうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



このブログ記事について

このページは、tsuyuが2020年3月25日 11:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「試されている人間社会」です。

次のブログ記事は「今の世界は「有事」である」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ