歴史の一行(ぎょう)に加わる出来事の真っ最中

|

 今回の新型コロナウイルス拡散の事態は、後日、歴史の一行(ぎょう)に加わることは間違いない。

 過去、さまざまな出来事が歴史として記憶され検証されてきたけれど、今回のウイルス流行がどのように記述され伝えられることになるのか、世界中が試されている。


 昔と違うのは情報伝達手段の発達で、良いニュースも悪いニュースもあっという間に拡散していること。それによって多くの人の不安がかき立てられて混乱を一層増幅させていることだろう。

 知ろうと思えば検索でさまざまな情報が手に入る今は、よほど気を付けなければ間違った行動に走ってしまいがちだと言える。


 あとで振り返った時、あの時のあの対処は「間違っていた」「適切であった」という評価のどちらになるか、誰にも分からない中を今生きている。その観点で個人も注意深く対処したい。




このブログ記事について

このページは、tsuyuが2020年3月 3日 10:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マスクと消毒液のこと」です。

次のブログ記事は「再びマルクス・ガブリエル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ