2019年12月アーカイブ

大晦日の火事

|

 洗濯物を取り込もうとベランダに出ると、ずっと向こうの空に黒煙が棚引いている。一目で火事だとわかる。それも、大規模な火事だ。化学製品を扱う工場か何かが燃えているのか。

 先日も、廃プラスチック置場の火事がニュースで報じられたばかり。

 乾燥と強風の冬場は火事に厳重注意の季節なのだ。

 改めて、火の取り扱いには気を付けようと思った。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




咳・くしゃみのエチケット

|

 ときどきスーパーマーケットでお惣菜を買う。一人分を調理するほどでもないけれど、食べてみたいなと思う品を選ぶ。

 ある日、お惣菜を物色していると「ハークション!」とくしゃみをする人がいた。え、食品売り場でくしゃみ・・・と、そのくしゃみの発生した方向を見ると食品を選びながら、顔を背けるでもなく口を手で覆うでもなく、平然と食品棚に向かってくしゃみをしている。

 ひょっとしたら、私が選んだ食品にも、こうしたくしゃみのしぶきがかかっているのかも・・・と思うと嫌な気持ちになった。


 それからしばらく経って、別の店でまた、「ハクション、ハクション」と何度もくしゃみを繰り返しながら買い物をしている人に遭遇した。それは高齢の男性で、飲料売り場でくしゃみをし総菜売り場に移動してもくしゃみは続いている。おまけに一つ一つ総菜パックを手に取りながら選んでいる。挙句の果てに鼻水まで垂らしながら・・・


 歳を取ったらさまざまなことに鈍感になるのだろうが、近くにいる者に迷惑この上ない。

 自分も高齢になって、行動や思考の衰えは否めなくなっているので、こうしたことには注意深くしなければ「だから年寄りは」と嫌われかねないなと思った。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




さすがに冷えてきた

|

 気象の歴史上、高順位の平均気温の高さだと言うけれど、やはりそれなりに冷えてきている。朝早くから家を出て通勤電車に乗車するとトイレが気になる季節。貼るタイプのカイロが必須になっている。もう一つ忘れられないのがマスクの着用。マスクは、冷気の吸い込み防止とともに乾燥による喉のイガイガ防止に欠かせない。

 昔は、カイロやマスクなど邪魔くさくて、ほとんど使う必要を感じなかったけれど、そこはそれ、私も寄る年波には勝てないと実感している。


 このマスクに関しては、ちょっと気を遣う場面もある。仕事中にも、午前中はマスクを着用しているのだが、マンション居住者の赤ちゃんに話しかける時に表情が見えないのはどうなのかな・・・と感じることがある。それで、赤ちゃんに話しかける時は、なるべくマスクを下げるようにしている。


 親しみを表す笑顔って、どこで相手に認知されるのだろう?

 マスクからはみ出ている目がいくら笑っていても口元の笑みが見えなければ伝わらないのかもしれない。さまざまな世間知の少ない赤ちゃんは、どこを見て相手の気持ちを察しているのだろうと考えたりする。


 マスク一つにも、あーでもないこーでもないと考える私は細かすぎるのかな?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 昨日、美容室の待ち時間が長いので、その間に映画でも観てこようということで、電車で一駅の映画館に行き、美容室との約束時間に間に合う上映時間の映画を選択。


 ロシア映画「私の小さなお葬式」。終了時間午後3時25分。うん、これ良さそう、ということで決定。昔の映画も上映している映画館なので、「私の小さなお葬式」も古い映画なのかなと思ったら封切り作品らしい。私の映画鑑賞経験の中で、ロシア映画って初めてなんじゃないかな、たぶん。

 大きな感動とか興奮とかとは無縁の作品だけれど、ああこれがロシアの雰囲気なのか・・・というものは伝わってきて興味深かった。ビックリしたのは、日本ではザ・ピーナッツが歌ってヒットしたあのメロディーが随所に流れていたこと。えーッ、この歌ってロシアでも流行っていたの!!「恋のバカンス」って、元はどこで生まれた歌だったんだろう・・・

 人が高齢になって思うことは、どの国の人間にも相通じるものがあるようだ。

 派手で動きの大きいアメリカ映画と違って、ヨーロッパ系の映画は比較的静かに淡々とストーリーや場面が展開されるイメージがある。今回のロシア映画も、ヨーロッパ系の雰囲気。


 観客はほとんどがシニアの方々で、それなりに人数が入っていた。

 突然の空き時間にチョイスした割には良い作品を鑑賞できたと思える映画だった。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




美容院に行ってきた

|

 月に一度は美容院に行く。

 過去、いろいろな美容院にお世話になってきたけれど、月に一度となると、サービスや腕前よりも料金の安さを優先して、今は過去に通った美容院の半額でカットとカラーをしてくれるお店を利用している。

 二年前に利用し始めた頃は「年中無休・予約なしOK」だったので、とても助かっていた。それが、一年前くらいから「水曜日定休」になってしまった。私の仕事は火曜日と水曜日が休みなので、美容院に行けるチャンスは火曜日または仕事帰りの夕方ということになってしまった。仕事帰りというのは厳しいので、チャンスは火曜日の一日だけ。

 先週の火曜日、そろそろ白髪が目立ってきたので染めてもらおうとしたら、担当の美容師さんがお休みだったので、昨日、改めて出直した。

 正午ごろ行ってみたら担当者が手一杯の様子で、午後4時ごろを約束をして出直すことになった。

 午後4時前に入店、結局全てが終わったのが午後6時。店内に客は私だけ。それでも、年内最後の整髪が終わってホッとしている。


 本音では、もう白髪のままで良いと思うし、もう少し髪を伸ばしてみたいと思うけれど、思いのままにできるのはもう少し先のことになりそう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




500円玉を洗濯して・・・

|

 洗濯物を干していたら、家族のズボンから500円玉が出てきた。

 さっそく出てきた500円玉を持って子供のところへ「ポケットにこれ入れていたの忘れてたでしょ」と手渡ししたついでに「これがホントの・・・」と言おうとしたら「マネーロンダリングと言いたいんでしょ」と先を越されてしまった。


 とっさに頭に浮かんだネタを得意満面で言いたかったのに、若い者の頭の回転には敵わなかった、ねぇ(トホホ)。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




今日もいつも通り

|

 「いつも通り」というのは、実は、本当に有難いことだと思います。何の変化もなく、昨日と同じことができることの幸せを、しみじみと感じるこの頃です。


 勤め人として毎日通勤していると、同じタイミングで出会う事象があります。朝、最寄り駅で電車を待っていると、背後を通過する電車があります。キキキーッと耳障りなブレーキ音を響かせながら通り過ぎる電車と、同じカーブでも静かに滑らかに走る電車があり、それは運転士の腕なのだろうと想像してみたり、中に乗車している人たちは私よりもっと早くに家を出て来ているのだろうと思うと、朝が早いと思っている私よりもっと自宅を出る時間が早い人もいることに気が付いたりします。みんな頑張っているのだなぁ・・・


 今年は22日が冬至です。それまでは日が短いのですが、冬至過ぎれば次第に日が伸びてくると思うと、頑張る励みになっています。そんなことの繰り返しの毎日です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






このアーカイブについて

このページには、2019年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年11月です。

次のアーカイブは2020年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ