外国人であることを確信できた一言

|


昨日、昼時にファミリーレストランを利用した。

接客してくれた若い女性は細身で彫りの深いハッキリした顔立ち。

外国人(フィリピンか東南アジア系)かなと思ったけれど、

ハキハキと正確な日本語を喋り接遇態度も完璧。

最近は日本人でもメイク次第だし親が外国人でも日本育ちということもあるし・・・

名札を確認しようとしたが、よく見えなかった。



いつも些細なことにひっかかって確かめたくなる私の癖。



頼んだメニューには牡蠣の調理方法にフライとグラタンが選べるものが含まれていた。

昼食で揚げ物を食べると夕方あたりに胃がシクシクする私は「グラタンを」と頼んだ・・・と思う。


いざ料理が目の前に届くと、そこにはカキフライが。。。

「え、わたし、グラタン頼まなかった?」と言ったら、

そのウェイトレスさん、「いいえ、確かにフライとおっしゃいました。わたし覚えていますもの」と、即座に断定。

こちらとしては、オーダーの時に脳内にグラタンの画像を浮かべながら「グラタンでお願い」と言った記憶があるので???

・・・まあ、年のせいで頭の中と口から出す言葉が符合しないままに思い込んだかもしれないし・・・

ということで、「じゃあ、作り直しますか」と言う彼女を押しとどめて「どちらでも食べられるから大丈夫、大丈夫」と良い人ぶった私。

これって、典型的日本人だよなあ・・・と自身で苦笑い。


相手が誰であろうと(客であろうと)自分の正当性を即座にハッキリ言うその一言で、この女性は確かに外国人だと確信できた。


この場合、日本人ウェイトレスだったらどうだろう?

明らかに客の思い違いと思っても「申し訳ありません、ただ今お取替えいたします」といった対応をするのではないか?

自分自身ならと考えてみると、

「あなた間違えてるわよ」と言われたら、まずは自らの言動を振り返りモタモタしてしまうだろう。

そして、おそらくは、自分の言い分を引っ込めてしまいそうだ。

まして自分の記憶にすっかり自信を失っている今なら尚更のこと。



どちらが良いとか悪いとかいう問題ではなく、

ほんの小さな出来事から、民族文化の違いについて考えさせられた。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



このブログ記事について

このページは、tsuyuが2017年9月19日 10:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読書の覚え(2017/8/30読了分)」です。

次のブログ記事は「久しぶりに出会った知人の第一声が「太った?」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ