この一文は書き残しておこう

|


 心に残る一文も、時と共に消滅してしまうのが口惜しい。多々ある共感の文章を全て記憶に留めることはできないが、「これだけは」という一文をここに書き残しておこう。





 個人の思想が頽廃すると、社会も国も頽廃するということが、今、まざまざと見えてきましたね。


『老残のたしなみ  日々是上機嫌』   佐藤愛子:著   集英社:刊

最終ページ 最後の一行より



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



このブログ記事について

このページは、tsuyuが2017年8月16日 09:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読書の覚え(2017/8/16読了分)」です。

次のブログ記事は「そのレジ袋、有料ですから」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ