権威とされる事や人は信用できるのか?

|


権威(authority)

1)他人を強制し服従させる威力。人に承認と服従の義務を要求する精神的・道徳的・社会的または法的威力。

2)その道で第一人者と認められていること。また、そのような人。大家。

ー広辞苑よりー




とかく人は権威に対して弱い。

どこかで(この人が)(この事が)権威だと聞くと、疑うことなく盲従したり厚遇したりする人は多い。

けれども、私はこの権威がどうも苦手。


なんでこれが権威なの?

どうしてこの人が権威なの?

と思ってしまう。


権威にひれ伏し権威におもねて我が身の安泰や出世を勝ち取る人間もいる。

権威の方でも、従い持ち上げられることを当然のことと暗に要求してくる。

したがって、権威に疑念を抱きがちな人間は、縦社会の中で上昇して行くことは難しい。


真の権威とは、意外にヒッソリと地味に存在するものではないだろうか?

賑々しく華やかで富や名声がつきまとう権威と向かい合ったら、

眉に唾をつけたほうが良いのではないか?



そう思う。



権威なんてキライだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



このブログ記事について

このページは、tsuyuが2017年6月14日 07:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴミといえども、黙って持ち去れば窃盗」です。

次のブログ記事は「「常識」なんて、もはや死語だ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ