怒れるおばちゃんもおばあちゃんになると(私のこと)

|


もう最近では嘆いたり怒ったりすることにも疲れてきた。

どうでもいいや・・・そんな感じ。


こうでなければ!ああでなければ!これは違うでしょ!そんなことしちゃダメでしょ!

ずーっと、身辺で発生したり見聞したりする出来事に自分なりの意見をもって怒ってきた。

それらの事象のほとんどが、自分とは関わりなくなりつつあることを意識せざるを得ない年齢になって、

もうどうでもいいや・・・が増えてきた。



このところ佐藤愛子さんの老齢になられてからのエッセイを2・3冊、続けて読んでいる。


彼女の物事の見方や考え方、それに生き方も、なんとなく共感することが多い私。

「痛快、痛快」と、通快(通勤快速)に揺られながら佐藤愛子さんのエッセイを読んでいる。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





このブログ記事について

このページは、tsuyuが2017年6月13日 11:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カラーのその後のその後(花)」です。

次のブログ記事は「ゴミといえども、黙って持ち去れば窃盗」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ