カラーのその後(花)

|


20170606kala (199x350).jpg


20170606kala1 (350x335).jpg


先日、蕾がついたので喜んでここにアップしたカラーが咲きました。


カラーといえば白が定番ですが、これはピンク。

一輪だけですが、嬉しい。



カラーという花には苦い思い出があります。


昔、職場の事務さんが産休中に、代替要員として来てくれた女性が結婚することになりました。

同じ職場に在籍中のことで、彼女は私も結婚式に招待してくれて、私は大いに感激でした。


その後、職場の有志で彼女の結婚を祝う食事会を企画して、

その際に渡す花束調達係を私が引き受けたのです。

そこで、主役の彼女に「好きな花はありますか?」と訊いたところ「カラーが好き」ということでした。



カラーの花束といえば、ブライダルのポスターによく使われているように、

1本または2-3本のカラーを茎長く切り、なるべくラッピングしないで茎の下方にリボンを飾る、

これがカラーの清楚さや凛とした花姿を生かす花束の定番です。


食事会の前にお花屋さんに注文した時に私の頭の中にあったのは↑上記のようなものでした。

「では作っておきますので」と言われて、私は一旦その店を離れました。

(お花屋さんだもの、間違いないよねぇ。説明もしたし)という油断でした。


しばらくしてお店に行くと、「え・え---っ!!(驚)」の花束が!!

さまざまな小花の中にカラーが2-3本、すっかり埋もれています。

おまけに色つきの紙でラッピングまでされて・・・

これではカラーの良さが生かせていません。

まったく普通の花束になってしまっています。



その時の私の後悔は(この場所から離れずにしっかり見ていれば良かった・・・)というものでしたが、

時すでに遅し、集合時間が迫っていたので修正を諦めました。



その花束を受け取った彼女の反応はというと、イマイチでした。

当然ですよね。



お花屋さんだから分かっているはず、という私の思い込みが失敗につながったわけです。


それからというもの、カラーの花を見る度に心が痛む思いでです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



このブログ記事について

このページは、tsuyuが2017年6月 7日 08:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シニアの労働力をあてにするなら条件をキッチリしてよ」です。

次のブログ記事は「カラーのその後のその後(花)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ