「うつ」や「悲観的傾向」の人におすすめの本

|

20161022yuragi (248x350).jpg 

『世界は「ゆらぎ」でできている  宇宙、素粒子、人体の本質』

吉田 たかよし:著  光文社新書



世界的な低迷時代に突入したかに思える昨今、メンタルを病む人が増加しているように感じます。

最近、街中(まちなか)で、周囲に聞こえるほどの独り言(それも攻撃的な)を呟く人を見かけることも多くなりました。

生き辛い世の中になっていることは確かなようです。



そんな現代は「うつ」の症状に苦しむ人が多いのではないでしょうか?


なぜ人は楽観と悲観を生じるのか?

その両者に優劣があるのか?


この本の

【第5章 人体は「ゆらぎ」をたくみに利用する】

【第6章  脳が揺らぐ、心が揺らぐ】

は、落ち込みがちな人たちに、ぜひ読んでみることをお奨めしたい文章です。



宇宙の中の地球という星に生きている人間という生物は特殊・特別な存在ではなく、

科学の目で見ると「なるほど!」と腑に落ちることもありますね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






このブログ記事について

このページは、tsuyuが2016年10月22日 15:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「教養」について、その重要性」です。

次のブログ記事は「「車内で化粧」に対する啓発広告について思うこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ