外反母趾にテーピングをしてみた

|

親譲りの外反母趾です。

若い頃から次第に変形が進行してきました。

最近は、加齢に伴う体全体の筋力の衰えを痛感していますが、

外反母趾の右足も歩行時に痛みを生じるようになりました。



親指が内側に曲がることで膝にも痛みが生じていますし、

小指も曲がってしまって、長時間靴を履いていると痛くて歩行が辛くなります。



幾つか外反母趾の靴下型装具を試してみましたが納得いくものがありません。


ということで、

この度、スポーツ選手がよく使っているテーピングを試してみることにしました。



自己流で巻いて一日過ごしてみましたが、歩行が楽なように感じました。

しばらく続けてみようと思います。

ただ、難点は、テープの糊がべたついて靴下に貼り付くことです。

でも、痛みが抑えられるなら、それくらいは仕方がないかな。

それに、これ以上外反母趾が悪化して、膝の変形や腰にまで影響が出るのは予防したいところですから。



何十年も酷使してきた体ですから、あちらにもこちらにもガタが出るのは避けられないのですね。

加齢との付き合いは、華麗な話にはならないようです(トホホ)。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2016年6月17日 20:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知らないということを知ること」です。

次のブログ記事は「「後悔先に立たず」「覆水盆に返らず」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ