「あぶない一神教」読書中

|

20160313abunai (299x350).jpg 「あぶない一神教」  橋爪大三郎 × 佐藤優  (小学館新書)



八百万の神に親しみ、何事もほどほどで白黒つけないままに事を進め、融通無碍(ゆうづうむげ)に暮らす、

そんな日本人は、時に、外国人から誤解される。

その反対に、日本人による外国文化や習慣への無知から生じる誤解もある。



そんな日本人に、解りやすく一神教の何たるかを解説してくれる一冊。



世界が、礼節と思いやりで動いている間は表面化しなかった違いが、

昨今の様に混沌として来ると、途端に、収拾のつかない危険なぶつかり合いへと発展する。



そして、おそらく、日本人はその中に於いて、最も呑気な国民だと言われても仕方がない。

それは、人々が暮らす国土が国境を持たない、故に他国との人的交流や衝突の機会が少ないことも大きな理由。


一神教の信仰者は、現在の世界人口の多数を占める。

彼らの思考や行動が何に依拠しているかを知らなくては、国際情勢の読み解きは難しい。



多神教というより、信心を意識せずに「八百万信仰」の伝統の中に暮らす日本人に、

一神教とは何かを解説してくれるこの書を、興味深く読書中。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2016年3月13日 13:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「保育園落ちた、日本死ね」で思ったこと」です。

次のブログ記事は「TBSドラマ「私を離さないで」最終回」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ