TBSドラマ「わたしを離さないで」第3話

|

原作の内容からして暗くて重い話なので、覚悟して視ています。

第2話は、残念ながら見逃してしまったのですが、

昨夜の第3話は、視ようかどうしようか迷いながら、結局視ました。



臓器提供の為だけに生かされている子供たちだけれど、

成長とともに、人間らしい感情の発露は当然生じます。

そうした感情(恋愛や将来への希望)に、

行動範囲が限定され監視されている生活の中で、どのように向き合って行くのでしょう。



主人公(綾瀬はるか)の彼を横取りしてしまう女の子、

視ていて憎たらしくなってくるということは、彼女の演技が上手いということでしょう。


将来はプロサッカー選手になりたいと夢見る男の子が、

その可能性を全否定された時の絶望感など、視ていて辛くなる場面が展開します。



やはり、人は、親のもとで愛情をもって育まれ、

全ては叶わないにしても、希望や夢を自由に描けてこそ、幸せなんだと思いますよね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2016年1月30日 15:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小太りな私」です。

次のブログ記事は「(落ち着き)や(教養)を嫌う時代か?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ