小耳に挟んだ話2題

|

スーパーの出入り口でのこと。

買い物を済ませて出口に差し掛かると、向こうから二・三人連れの熟年女性がやって来た。

「あの、なんて言ったかな・・・マジ、マジ、マジカル?」

「へえ、何それ」

「すごいのよ、あれ。私すっかり気に入っちゃったわ」


って、言うじゃなぁーい←(ちょっと古くなったギター侍ギャグ)



えっ?マジカル?

新手のマジシャンでも登場したか?

はたまた、行く先謎のワクワクツアーの情報か?



その正解を気にしつつ彼女らとすれ違う私。


「油汚れもスッキリ落ちて、これまで使っていた洗剤と大違いよ」

という言葉が耳に入ってきた途端に、私、ピーンときた。

すると、彼女の連れの一人もピーンときたようで、

「それって(マジカ)のことでしょう」

「ああ、そうそう(マジカ)。あれ良いよねぇ」


彼女らも私も、固有名詞が咄嗟に出てこない年齢である。




昨日乗ったバスで、

後方の席から熟年男性の会話が聞こえてきた。


***** 以下、じいちゃんの話の内容 *****


うちのやつがね、去年の暮、忘年会するんだって近所の店に何人かで集まったんだよ。

昼過ぎに出て行ったのに、夕方遅くなっても帰って来ないじゃない、

やっと帰って来たから「ずい分遅かったなあ」なんて声かけたら、

話が弾んで4時間ずっと、その店で喋っていたんだそうだ。

まったく、4時間も、よく話すことがあるもんだ、ばーさんは。


***** 以上 *****


熟年になっても、男性には女性の行動が不可解だったりするらしい。

「ばーさんは」という発言に、男性の心の機微が出ていたように感じた。



ま、この話2題、どちらもご愛嬌。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2016年1月22日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TBSドラマ「わたしを離さないで」」です。

次のブログ記事は「バラの鉢植え、戴いちゃいましたぁ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ