健康なうちは働きたい

|

 

働く男性60代前半の手取り平均、24.9万円 国も高齢者の雇用促進策を検討中

 

↑ こんな記事を見つけた。

 

60代の男女の多くに働く意欲があり、働き続けているという。

 

少子高齢化を、政府やマスコミは嘆きの記事として取り扱っているが、

昔の60代と現代の60代では、あらゆる面で違ってきていると思う。

 

もはや、年齢で雇用と解雇の制限を設けずに、

それぞれの仕事に見合う体力や能力で雇用が可能な制度にしてほしいと思っている。

 

現に、私の再雇用の職場においても、

まだまだ60代以降の人間の知識や経験が必要とされているのを目の当たりにしている。

むしろ、あの新規採用が中断された時代の空白期間を埋めるためには、

もっと、年配者が現場に残って伝えなければならないことがあるように感じる。

 

上記リンクを貼った記事が伝えるように、政府にはその施策の実現に真剣に取り組んでほしい。

なぜなら、高齢者には残された時間が限られているから。

 

それにしても・・・

やはり男性優遇社会なんだなあ・・・

わたし、結構、職場で男性上司を陰ながら支えてますけど・・・(お給料には反映されませんが)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2015年7月20日 21:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「一流の人は本気で怒る」読書中(2)」です。

次のブログ記事は「「たった2,500億円」とは??」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ