「一流の人は本気で怒る」読書中(1)

|

「一流の人は本気で怒る」  小宮一慶:著   文藝春秋:発行  文春新書

 

タイトル名に惹かれて手に取った一冊ではあるが、スタートからのめり込むように、とは感じなかった。

所詮は、結果的に社会的成功をしている人々の立派な行いの紹介話にしか過ぎないのではないか、

そんな早合点をしそうになった。

ところが、読み進むうちに、それは私の早まった誤解であると思うようになっている。

 

本は、読了して一旦閉じてしまうと、どんなに重要な内容であっても、記憶の彼方へ消えてしまう。

再度、その箇所を探そうとしても、なかなか探し出せないのが残念なところ。

 

そこで、著作権の問題はありながら、一部をここに引用しつつ、後々の振り返りの為に残しておこうと思う。

 

このような読者の少ないブログ記事でも、

いつか誰かの目に留まり、引用された文章から一冊丸ごと読みたいと、

そう思ってくれる人が出て来ることを願いつつ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2015年7月17日 06:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベランダにバラが一輪」です。

次のブログ記事は「「一流の人は本気で怒る」読書中(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ