ハンサムとスマート

|

テレビ朝日で放送される朝のニュースバラエティ番組「モーニング・バード」で、

生き方の素敵な人を紹介するコーナーで「ハンサムマン・ハンサムウーマン」という言葉が使われる。

 

handsome とは、容貌の良い男性に使う言葉として長年使って来たのだが、

改めて辞書をひいてみると、

ーーーりっぱな、堂々とした、上品な、上手なーーーという意味があり、

「素敵」なことに関して肯定的な言葉であることがわかった。

 

一方、

smart には、

ーーーきびきびした、すばやい、ずるがしこい、こすい、生意気な、粋な、しゃれたーーー

と、捉え方次第ではマイナスなイメージにもなりそうな意味合いが並んでいる。

 

そんなこと気にもしなかったころには、

「あの人、スマートよねぇ」などと使って、しっかり褒めたつもりになっていた。

 

 

最近、テレビや雑誌で、すごい人を紹介する際に(ハンサム)という言葉をちょくちょく耳にするようになって、

(スマート)と(ハンサム)の使い分けが気になるようになった。

 

この二つの言葉の意味するところを意識するようになって、

自分はどちらでありたいのかと自問した時、

鈍くさくて愚かな私に(スマート)はあり得ないし、そうなりたくもないと思う。

 

(ハンサム)な人間を目指したいなあ・・・

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2015年2月21日 07:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一人一人の想いが発信できることは素晴らしい」です。

次のブログ記事は「いろいろ考えると生きているのが辛くなる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ