一人一人の想いが発信できることは素晴らしい

|

昔は、想いを公に発信しようとすれば新聞や雑誌などに投稿するという方法しか思いつかなかった。

たとえ思い切って投稿したとしても、

それぞれの報道機関や出版社の担当者によるフィルターを通過しなければ陽の目を見ることは難しかった。

 

そんなことを振り返ってみると、個人ブログが盛んな現在は良い時代だと思う。

 

100人の人がいれば100の想いがあるのであり、それぞれの想いは尊重されなければならない。

ただ、現実は、100の想いそれぞれが社会を動かすことができる主張として取り上げられるわけでもない。

 

それでも、時にはどこかで誰かに聞いてほしい知ってほしいと思うことは誰にもある。

だからどうしたいというわけでもなく、どうなるわけでもないことを知りつつ。

 

でも、ひょっとしたら、どこかの誰かが誰かのブログを読んで、そっと頷いてくれているかもしれない。

その反対もあるだろうけれど。

そんなことを考えていると、ちょっと楽しかったり嬉しかったりする。

 

誰もが発信できるチャンスがあるって良い時代だな、と思っている。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2015年2月20日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「安価な糸でチュニック」です。

次のブログ記事は「ハンサムとスマート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ