悩むとブログに向かい合う頻度が増す

|

さまざまな生き方の困難を抱えて、必死に社会を泳ぎ渡って63年。

そろそろ要領よくなっても良さそうなものなのに、未だに不器用に生きている。

 

幼いころから周囲と少し違う言動をする傾向があり、仲間外しやイジメに合うのは日常的だった。

その結果、一人で行動することに慣れ、独りで楽しむことを覚えた。

今となっては、独りで人生を楽しめる生き方を続けてきて良かったと思える。

 

ただ、社会の大多数の人の考え方は異なるようで、

私は、いわゆる【毛色の違う人間】と見なされ、好奇の対象になるようだ。

 

この状況を悲観視しなくて済むようになったのは、色々な人のブログを読むようになってから。

 

「あ、(老若男女問わず)私と同じような人がいる」という発見は、私にとって大きい収穫であった。

 

還暦過ぎてなお、自分の生き方に悩み、社会との折り合いに悩んでいるのかと呆れられるかもしれないが、

人の一生は灰になって完結するのであり、この世で息をしている(生きている)限りは、

何かしら思い悩みながら前に進むのが常だろう。

年齢重ねたから悟りが得られるというものではない。

 

と言うわけで、

私は悩みが高じると自他のブログに向き合う頻度が増す。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2015年2月19日 22:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「捨ててしまおうと思っても」です。

次のブログ記事は「パセリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ