好い夢を見たいけれど

|

「好い夢見る」と言う言葉には二通りの意味があります。

 

気分がワクワクするような経験を意味する場合と、就寝中に見る本当の意味での夢です。

 

今朝がた見た夢は、ちょっと心痛むような夢でした。大したことではありませんが、過去の自分が四苦八苦しながら生きていたことを思い出すような展開でした。

 

では、現在は四苦八苦していないのかと言うと、そうではありません。相変わらず不器用にアタフタと暮らしておりますが、歳食って失敗経験の数が積み重なった分だけトラブル回避に多少長けてきたようです。それとも、感性鈍り図太くなって、少々のことには動じなくなったのかもしれません。

 

それにしても、同じ見るなら楽しかったことの延長のような夢を見たいなあ・・・と思います。

 

人は、楽しいことはサッサと忘れてしまうけれど、嫌な思い出はいつまでも覚えているそうです。それどころか、嫌な思い出を反芻することにより「嫌」を増幅してしまったりして。厄介ですね。

 

好い夢見たいな、今夜は。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2014年11月26日 23:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「玉ねぎのお漬物」です。

次のブログ記事は「知らなくても良いことまで知らせないで」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ