2014年10月アーカイブ

来年の手帳を買った

|

schedule (350x269).jpg  ← 発行所:高橋書店

 

毎年この時期になると来年の手帳を買う。

 

長年あれこれと試しながら使ってみて、最終的に落ち着いたのが見開き一ヶ月カレンダー表示で、お札より少々大きめサイズのこのタイプ。記入欄は小さいが、大したスケジュールも無い私としては事足りている。

 

手帳に予定を書く必要性に迫られたのは、今から30年前に夫が発病したことと子どもの幼稚園入園が重なったことで、どちらにおいても忘れてはならない行動スケジュールが生じたことから。

 

その後、夫亡き後は自分が仕事をするようになり、二人の子どもの保護者として学校行事との兼ね合いを手帳で管理調整してきた。その合間には、ささやかながら自分の趣味の予定も挟みながら。

 

かれこれ30余冊になった過去の手帳を振り返ってみると、まめに記入した時期もあり、空欄が多かった時期もある。空欄には何も書かれてはいないけれど、そこが何故空欄であったかを思い起こせばそれなりに心に蘇ることも数々ある。

 

過去の行動が全て書き込まれているわけではないが、折々に書き留めておくことの重要性を経験したことも多々ある。

最近は、携帯電話やパソコンでのスケジュール管理という手段もあるらしいが、私はやはり紙に書く手帳が一番しっくり来る。

 

あとどれくらいの手帳に予定を書き込みながら自らの生活を管理して行けるのだろうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

201410fukuro2 (350x324).jpg先日完成したレース編みの袋物。 

ホビーラ・ホビーレの編み図で、糸は有り合せの手持ち糸。

 

内袋はウサギ模様の赤で、外側から見える部分には、

最近使わなくなった木綿のハンカチを使った

 

201410fukuro (350x263).jpg

 

出来上がったのは良いけれど、袋物は手持ちがあり過ぎて、これも出番があるかどうか・・・

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

当たりました(電波時計)

|

某抽選で電波時計が当たりました。

 

denpaclk (350x320).jpg

 

最近の時計って進化しているのですねえ。風邪引き注意に乾燥肌注意や熱中症注意などの環境状況までお知らせしてくれる注意アイコン機能がついています。ビックリしました。でも、「カビ・ダニ注意」表示まである・・・うーん、これって、(だから掃除をもっと丁寧にこまめにしろ)というプレッシャーになりそう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スチームクリーム

|

普段はあまりお肌のお手入れとか化粧品などには関心を持たない私ですが、乾燥する冬場は、手足や顔のカサカサが気になります。特に、編み物をする時などは、手指のささくれに糸が引っかかったりして困ります。

 

数年前、某有名雑貨ショップ(東〇ハンズ)の特設コーナーでスチームクリームという物に出会いました。

 

steamcream (350x338).jpg

 

これは、全身に使えて(髪の毛にまで)、擦り込んだ直後のベタつきが無く、香りも自然由来のさっぱりした香りで気に入っています。また、チューブ製品によくある(最後まで使いきれない)残念さはなく、缶のデザインも豊富で綺麗なところも好きなのです。

 

以前買った物を使いきったので、今年もと思い、件の雑貨ショップで探したのですがありませんでした。それで、先日ネットでお取り寄せしました。一般的にどこのお店にも置いてある品物ではないようです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スペアカラー2点

|

201410kaeeri (350x338).jpg    201410kaeeri2 (350x263).jpg

 

 

スペアカラー(付け襟)を二点編み上げました。

編みたい物と使用する人間とのイメージギャップが大きいかも知れないのですが、そこはそれ、勇気をもって、自分が使いたいと思います。

 

もう、やたらにプレゼントしないで、他人からは多少違和感持たれても、自分で使おうと思います。残り少ない人生、自分が楽しめるような生き方暮らし方をしたいのです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

天高く、穏やかな秋の日

|

20141027kumo (350x263).jpg午前中は薄い雲が広がっていた空も、夕刻(16:30)の今は、

← こんな様子。

空が高いなあ・・・と感じる

 

 

 

下の公園で遊ぶ小学生の男の子数人の元気な声が響いている。

 

のんびりと暮れて行く秋の一日。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

手賀沼エコマラソンの走路員ボランティアを務めました。

 

手賀沼周辺で集めた画像をアップします。

 

201410teganuma1 (350x263).jpg土手にはセイタカアワダチソウがびっしり

 

 

 

 

 

201410teganuma2 (350x263).jpg← こんなチョウがいました

 

 

 

 

 

201410teganuma3 (350x263).jpg足こぎボートのスワン

今では誰も乗らないのか、手前の一機は半分沈んでいました。

ちょっと寂しい・・・

 

 

 

201410teganuma4 (350x263).jpg時ならぬ桜の満開に遭遇しました。

3本の桜の木が満開でした。

春の桜ほどの賑やかさではありませんが、

木全体に花が付いていました。

 

 

10時スタートで、トップランナーが復路に立つ私の受け持ち場所を(16km地点)通過したのが10時55分ころ。それから最終の参加者が通過終了したのが12時40分過ぎ。約2時間半、ただただ立ち続けました。参加者9,200人余。たくさんのランナーが駆け抜けました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近、テレビで見る女性アナウンサーのファッションが、落ち着いた雰囲気になったように思います。

 

この職業だからこんな服を着なくてはいけないとか、このような服装はこういうイメージだと決めつけてはいけない時代だとは薄々感じてはいますが、やはり何事においてもTPOは大事でしょうと、私は思っています。

 

これはごく個人的な感想なので、他の人たちはどう感じているのかわかりません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

先日テレビで視たのですが(テレビからの情報が多い私です)、政府がトイレットペーパーの備蓄を奨励しているそうです。

 

根拠は、国内のトイレットペーパー生産の約4割が静岡県内の製紙工場で為されており、今後、大地震や富士山噴火などの自然災害が発生した場合、国内のトイレットペーパーの供給が激減してしまう可能性があるからだそうです。

 

トイレットペーパーは、現代社会に暮らす我々にとっては欠かせない生活必需品であり、しかも、規格に合ったものでないとトイレの詰まりを発生させたり環境に悪影響を発生させたりという二次三次の問題にまで発展し兼ねない代物です。たかがトイレットペーパー、されどトイレットペーパーですね。

 

備蓄用のトイレットペーパーという物があるようで、芯なしで長さが通常の物より長いようです。

 

これを聞いて、いざという時に慌てふためかなくても良いように、さっそく備えておこうかなと思っているところです

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

悪天候だと心身不調

|

このところぐずついた天気が続きます。気温も急に下がっているし、曇天と雨降りを繰り返しています。こんな時季には心身の調子も安定しません。個人的な症状かもしれませんが、常にだるいという自覚症状があり、日常の言動も「やっちゃったかな・・・」という失敗が続き、ますます気分は落ち込み気味です。

 

このところ10月になっても比較的温暖な年が続いていたので、今年のように早めの寒冷化には少々慌てています。これが本来の季節の移行なのかも知れませんが。

 

気を取り直して、淡々と日常を過ごさなくては。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

現安倍内閣の女性閣僚に関しては、その就任当初から危惧していたが、案の定、問題が露呈して政府の存続を危うくしかねない状況になっている。

 

先日、あるテレビ番組に出演された曽野綾子さんが指摘されていたのだが「 "女性が輝く" をうたい文句にしなければならない社会では良くない。男性も女性も平等に普通に輝く社会でなければ」という意見に賛同する。

 

そもそも今、男性が権利を独り占めして威張り散らし、うまうまと社会を渡っていると言えるのか?男もきっと辛い時代だと思う。女が男が・・・と、互いの環境を比較して恨み言を述べていられる時代ではないような気がする。

確かに、この国では女性に開かれている門戸は限られていたし、暗黙のうちに女性の役割と決めつけられてきた仕事(育児・介護・家事など)は未だに女性が担っている場合が多い。そして、そうした(人が生きていくうえで避けられない日常の仕事)に対する評価は低いままだと言える。私に言わせれば、身の回りをきっちりマネージメントできる人は、何をやらせても一通りの仕事ができる。

 

が、最近では日常生活関連の仕事を満足にこなせない男女が増えてきているらしい。ということは、その子どもたちに暮らしの基本が伝わる可能性は当然低い。昔も今も、男であろうが女であろうが、身の回りの雑事は、最低限自らの手で行えることが一人前の人間であり、人を育てるということはそのことを目指しているのだと思う。(もちろん、病気や身体の不自由さから人の手を借りることは許される) 

地位や名誉や財を取得するか否かは二の次三の次で良い。

 

「尻拭いする」という言葉がある。ある人物のしでかした厄介な不始末の片付けをすることである。自分のお尻でさえ誰かに拭いてもらって恥じないような「坊ちゃん嬢ちゃん」育ちに、社会の為、人の為の仕事を任せられるのか?はなはだ疑問に思うところである。

 

まあ、先日の新内閣集合写真で首相の周囲に誇らしげに立つ女性閣僚を見て、「この人たち大丈夫か?」と思った予感が、こんなにも早くに的中してしまうなんて・・・

 

じゃあ、男性閣僚ばかりだったら良かったのかと言われると、思いっきり頷けない気持ちもある。

 

根本的な問題は、地方自治体から国政まで、「この人なら選びたい」と思える人が立候補者の中に見つからないという不幸な状況である。裁判においては裁判員制度ができたことだし、国会にも、国民から無作為選抜の代表を定期的に送り込む制度ができれば良いのにと思う

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

感動的な夕焼けが

|

50年前の東京オリンピック開会式当日の今日、素晴らしい夕焼けを見ることができました。

10月10日は晴れの特異日だとか。50年前のあの日も晴れでしたね。

 

20141010yuyake1 (350x162).jpg                20141010yuyake2 (350x263).jpgのサムネール画像 

 

 

その後のテレビニュースでも、この夕焼けを話題に取り上げていましたので、各地で空を見上げてカメラを構えた人が大勢いたことでしょう。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

どうしたものか(困惑)

|

職場に、困った傾向の見られる女性がいます。

40代後半の彼女は、まずもってお喋りばかりで日を過ごしています。これがまた口が上手いから、一部の人は彼女のことを(良い人)だと思ってしまうのか、何人かは彼女にアレコレ聞き出されたり自ら話したりして情報を与えています。だから、彼女は職場の情報通です。その情報を漏らさなければ良いのですが、話した本人が漏らしてほしくないところへ漏らしてしまうのです。

 

その女性はひどい悪人ではありません。

でも、知恵の使い方が姑息なのです。情報をあちらこちらにばらまくのは、自分の怠けを無意識のうちにカムフラージュしようとしているようにも思えます。知恵や情報を仕事に生かして、懸命に汗を流せば良いのにと思いますが、彼女は決して汗を流しません。一日中、動いているのは口ばかり。

 

口と言えば、飲食関係に意地汚い面も気になります。

職場には、休憩場所の棚に、所属グループごとでお菓子やインスタントコーヒーなどをストックしています。それぞれのグループがお茶代を出し合って補給しています。メンバーはそれぞれ、手の空いた時に別々に休憩するので、誰がどれくらい消費したかには無関心です。

件の女性とほぼ動きが同じ時間帯になる私は、ある日、気づいてしまったのです。彼女が、同僚たちの無関心を知ったうえで、各グループの棚から少しずつを失敬していることに。

私はズルが嫌いです。他人の為にわが身を削ろうとも、他人の犠牲をわが身の楽に利用するなんて、私の道徳観からは考えもつきません。だから、彼女の「仕事をしていない」「他人の秘密を利用して自分の立場を守っている」「人の目を盗んでチョロチョロと物を掠めている」などの性癖に、吐き気がするほどの嫌悪感があります。

 

でもね、表面上の取り繕いに関しては抜群の演技力のあるその女性に、私のような単純バカは太刀打ちできません。だから、ヤンワリ・バッサリ指摘することができないのです。「見て見ぬふり」をし続けるもどかしさ・・・正面切っての正義ばかりでは生きていけない人間社会なのですよねえ・・・

 

今は、来年の異動で彼女が動いてくれるようにと祈るしかありません。ヤレヤレ、困った人です(諦め)。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

皆既月食

|

18:18から19:24まで、皆既月食の進行を観察しました。

 

kaikigesshoku1 (350x261).jpg   kaikigesshoku2 (350x262).jpg  kaikigesshoku3 (350x262).jpgのサムネール画像   kaikigesshoku4 (350x262).jpgのサムネール画像  kaikigesshoku5 (350x262).jpg  

 

あれは地球の影なんですねえ・・・宇宙に視線を向けると不思議感いっぱいになります。どうして地球が存在し、そこに生物が発生し、その中でも一番厄介な人間という存在の有ることが。

 

でも、あれもこれも、ま、難しく考えることなく「あるがまま」を受け止めることにします。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

私はファッションセンスに欠けるので、昔から、化粧や服装や髪形が常にビシッと決められるということがありません。だから、流行にも疎くて、60数年このかたずーっとダサイ身なりですごしているのだと思います。

 

そんな私でも、相性の良い美容師さんに巡り合った時には、それなりに髪形をデザインカットしていただけるので、何とか恰好がつくというか、手入れもし易くて助かるのです。

 

独身時代に4年間お世話になった美容師さんとは、私が結婚して転居したことでお世話になれなくなりました。それから4か所の土地を転々と移り住んだのですが、3か所は短期間だったので美容師さんとの長いお付き合いを築けるチャンスはありませんでした。

 

今の土地には、既に30数年住んでいます。

 

美容院に関しては、あの店この店と変えてみました。

 

そして、たまに、「あ、この人!相性良いかも」と思える美容師さんに出会えるのです。「よし、これからこの美容院に決めて通おうっと」と思って通い始めてしばらくすると、その美容師さんから「あのお、ボク今度お店を変わるので、良かったら新しいお店に来てくださいね」と告げられます。もおーーーっ、どうしてなの!どうしてなの!。せっかく(黙って座ればピタリと決め)てくれる美容師さんに出会えたと思ったのにぃ・・・ということが、ここのところ度重なっています。

 

実は、先日美容院に行ったら、またもや美容師さんからお店を変わる旨を告げられたのです。しばらくここに通おうかなと決めてまだ一年目です。最初の担当者が良かったので決めたのですが、その人は二度ほど担当してくれただけでお店からいなくなってしまいました。次に担当してくれた人とも相性が良かったので、これからしばらくはお世話になれるかなと期待していたのですが、この度実家の美容院を継ぐ決心をされたのだそうです。

 

というわけで、私これからしばらくは髪染めもカットもしないでおこうかなあと考えています。理由は、新しい美容院を探すのが面倒だからです。あまりにも見苦しくなったら考えようと思っています。髪が伸びるのは止められないし、かと言って、どんな風でも短く切ればいいというものでもないし・・・つくづく美容関係って面倒くさいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

馬のはなし

|

馬券を買って賭けることはありませんが、私、実はテレビの競馬中継を視るのが好きです。手綱を引かれて歩く姿も、疾走する姿も、気品にあふれて美しく、思わず見とれてしまいます。

 

そんな中、今日のテレビ東京で放送された競馬番組の中で紹介された一頭の馬が気になります。名前は ブチコ。白馬のシラユキヒメを母として生まれた2歳馬だそうで、まだデビュー前のようです。

 

画像検索してみると こちら のブログにありました。この画像ではブチコのどこが特徴あるところなのかイマイチはっきりしませんが、テレビで見ると、全身ピンクがかっていて女の子らしい感じがよくわかりました。まつ毛も白いのですが、左目だけ少しアイラインを引いたように黒い線が上瞼にあります。顔、特に両目の周囲の肌が特にピンクが濃く、頬を紅潮させる色白肌の女の子みたいです。

 

白馬のサラブレッドが好成績をおさめることは稀だそうですが、レース出場資格は得ているそうですので、これからのブチコの活躍には期待したいところです。(これで成績良ければ、いろいろな面で世間の話題に取り上げられるかも)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

他人(ひと)の幸福を妬む心

|

今年、私の住む集合住宅の夏祭りでゲームがありました。二回のビンゴゲームと部屋番号による抽選です。

 

その時、私は偶然にも三回とも賞品(商品券)を手に入れたのです。

 

一度目のビンゴ達成は素直に「ラッキー!」と喜びました。二度目のビンゴ達成の時は「あれ、あれ、また当たっちゃったよ」という感じでした。最後に、部屋番号による抽選が当たった時には、さすがに「えぇー、ちょっと三回ものラッキーはまずいかも・・・」と思いながら賞品を受け取りに行きました。

 

案の定、会場の一部から(えぇーーー、三回も当たるなんて)という声がチラホラ聞こえてきました。でも、当たったものはしょうがないではありませんか。「当選者出て来てください」と呼ばれれば、受け取りに行くしかありません。

 

その後、気が引けた私は、近くにいた女性に「あのぉ、これラッキーのおすそ分けに一枚受け取ってくださいませんか?」と言いましたが、その女性は困惑しながら「いえいえ、これはあなたの幸運だから」と辞退されました。そりゃあそうですよね、私が彼女の立場だったら、当然、辞退しますもの。

 

私は普段、近所とのお付き合いが無いし、特別親しくしている人もいないので(日中は仕事しているから)その一件は心の片隅に引っかかりながらも、過ぎたこととして忘れようと思っていました。

 

ところが、二日前に、ときどき声を掛け合うことのある住民の方から(その方も、ビンゴ初心者なのにその日二回の当たりを得ていた人)「実はね、あの夏祭りのゲームの件、その後の班長会で『あれは不公平じゃないか』という意見が出たのよね。私は、たまたま班長で出席していたのだけれど、二回当たったのを責められているようだったわ」と聞かされました。

 

やはりなあ・・・・・・だれかにラッキーが重なったことを不満に思う人がいて、後から陰で何かを言われることは予想してはいたけれど・・・

 

私は、夏祭りが終了した後しばらく、あの時私はどうすれば良かったのかと考えてみました。そして「私は既に当たりを引きましたので、三回分の賞品の二回分を他の方のチャンスに提供いたします」と言えば良かったのにと反省したりしました。

 

人間って、咄嗟の時に適切な判断と行動は、なかなかできないものですね。私も日ごろからそのことを痛感していましたが、まさに、夏祭りの一件もその通りだったのです。咄嗟の判断が行動に結びつくには、普段から同じような経験を繰り返していれば、脳の回路が自然に繋がるのでしょうが・・・。日常の出来事の中でも夏祭りのゲームに三回もラッキーが訪れるなんて、そうそう経験できるものではありません。まして、見知らぬ多人数の中でのラッキーならいざ知らず、普段よく顔を合わせる集合住宅の住民の中でのことなので、後味微妙な幸運でしたね。

 

不公平だと不満を抱いた人に訊いてみたいのは(あなたは宝くじ高額当選を複数回得た人に対して不公平だと文句を言いますか?)(あなたが今回の夏祭りゲームで複数回当たった人だったらどうしましたか?)ということですが、ま、言うだけ野暮なことです。だから、私としては、陰で何と言われようと腹は立っていません。

 

つくづく昔の諺や格言というのはすごいなあと常々感心するのですが、今回の出来事に関連するものを引っ張り出せば【他人(ひと)の不幸は蜜の味】が意味するところの反対の意味だったのではないでしょうか。つまり、【他人(ひと)の幸福は赦せない】というところでしょう。

 

この夏祭りゲームの複数回当選の一件、当たった人間が文句をつけた人の知り合いで仲良しだったら話は違ったでしょうね。内心で羨ましく思っても、表面上は「良かったじゃない」と言うでしょう。

 

つくづく人間って近視眼で身勝手なものだなあ、と思います。たぶん、私もご多分に漏れてはいないでしょう。今後の行動・言動にそうした面が無いように気をつけなくては。

 

他人の幸福をやっかんでも自分の幸福に移行することはありません。それより、他人の幸運を素直に喜んであげることができる行動こそ周囲の好意の対象になるという幸福につながるのではないでしょうか。

 

具体的に手に取ることのできる幸運も嬉しいものですが、形は無いけれど自分を豊かにしてくれる幸運も大切にしたいものです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

時間の経つのが早いと感じる

|

週に3日の仕事になって自由時間は結構増えたはずなのだが、あれにもこれにも興味関心がわいてきて、これまた即行動の性分なものだから、目についたことの殆どに着手してみたい誘惑に駆られる。実際には、全てへの挑戦は無理であることは重々わかっているので、とりあえず気になった情報を収集保存して検討するくらいの慎重さは備わってきている。これもわが身の年齢を自覚してきたからだろう。うん、私だってそれなりに成長しているではないか。

 

あれこれ熟考して検討しているつもりでも、今後参加するつもりの予定行事などはけっこうな数になっている。

 

つい最近、ひょんなことから、ある清涼飲料会社のお遊びサイトにアクセスするようになった。そこにはゲームやキャンペーンのお知らせなどが満載されており、実に楽しい。ゲームと言ってもマウスをクリックするだけで展開してくれるので技術も頭脳も必要としない。まさに私向き!

 

一日に何度もそのお遊びサイトを訪問してゲームをすると、それはそれで結構な時間があっという間に過ぎ去る。その他に簡単な家事やテレビ視聴や編み物に時間を費やすのがこのところの私の生活パターン。

 

何の変哲もない日常をおくっているのだが、とにかく時間の経つのが早く感じられてしょうがない。

たぶん、全て「なるようになっている」のだろう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ