映画「マダム イン ニューヨーク」

|

久しぶりにTKPシアターに立ち寄ってみました。

さあてっと・・・何を観ようかな・・・と、ポスターを眺めながら思案ひととき。

現在ボリウッド映画特集で、インド映画目白押しのメニューです。

 

本当は、スコットランドの「サンシャイン」という映画に気を惹かれたのですが、

上映時間が私の都合に合わなくて、頃合いの良い「マダム イン ニューヨーク」にしました。

 

何か観る気になったのだから何か観て行こうという軽い気持ち。

「マダム イン ニューヨーク」に大きな期待は抱かずに決めました。

 

ところがところが・・・これがなかなか良かったのです。

 

「マダム イン ニューヨーク」 ←公式サイト

 

自我や自己主張を押さえて、ひたすらご奉仕に徹すれば徹するほど存在を軽んじられ、

潜在能力や外向意識など無いかの如く蔑まれがちな女性の状況が軽やかに嫌味なく描かれています。

 

妻であり母親であれば、「あるある、そんな気持ちになることあるある」が満載の映画です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2014年9月21日 10:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「立花隆氏が取材した臨死体験を考える番組」です。

次のブログ記事は「ものの見かたや考え方の微妙な変化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ