2013年12月アーカイブ

「かぐや姫の物語」

|

高畑勲監督のジブリ作品「かぐや姫の物語」を観てきた。

 

水彩画調の画面が優しい。

木や草や花や虫などが多く描かれていて、植物好きな私には嬉しかった。

特に、露草の花が多く描かれていて、私の目を引いた。

 

かぐや姫が美しいということで、多くの求婚者が押しかけるわけだけれど、

かぐや姫の心を動かせるものは物でもなく金でもない。

一人の人間として自由闊達に生きたいという女性の心を動かせるのは、

対等の目線で喜怒哀楽を共にできる自然体の男性であることが、

かぐや姫の外見の美しさに惹かれる男性にはわかっていない。

 

かぐや姫の存在を、珍しい宝物と同レベルに例えて褒めちぎったつもりになる男たち。

形ある宝物や金銀などは、それがもたらす社会制度的価値によって人間に重宝される単なる物質。

かぐや姫に象徴される"人の心"は、そうした社会制度によって裏付けられる価値では充足されない。

彼女は繰り返される命の営みの中に暮らしてこその充足感に惹かれて月から地球に降り立った。

 

植物は、一見枯れたかに見えても、季節が巡ると地中で眠っていた根から再び芽を吹いて花をつけるものが多い。

一年草と言われるものも、こぼれた種から翌年の命が芽生える。

花や野菜を育てたり、自然に親しんだりしてみると、そうした植物をこよなく愛おしいと思える。

 

「ほんとうに豊かに生きるとはどういうことか」との問いかけをされたような気がする。

 

翁の声が、先ごろお亡くなりになった地井武男さんの声で懐かしかった。

無力感いっぱい

|

過去に何度か書いたことかもしれないけれど、昔から(年取ると人はなんで口数が少なくなるのだろう)と思っていた。

自分が年取ってみて、やっと、そのことが身をもってわかるような気がしている。

 

今日、80余歳の義兄と電話で話しをした。義兄とはいつも社会問題や政治の話で盛り上がる仲。

義兄宅にご無沙汰している私に「泊りがけで遊びにいらっしゃい」と義兄が言う。

「そうですね、日本の将来などについてお話したいですね」と返してハッとした。

80余歳の義兄と60余歳の私が「将来」の話をする・・・なんて。

 

電話を終えて独り心中で苦笑い。

束の間、無力感いっぱいだったけれど、ま、その感覚が長く尾を引くこともなかった。

老いて感覚が緩くなるのも、ある程度までなら悪くないかも。

 

 

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ