映画「家族の庭」

|

今日もまた映画鑑賞しました。

 

「家族の庭」 (原題:Another year) http://coco.to/movie/15601

 

イギリス映画 2010年作品

 

題名から想像するようなほのぼの感はありません。

公式サイトが見つからなかったので、参考までに ↑ のURLを貼っておきます。

 

この映画の内容は、最近立て続けに鑑賞した数本の映画の中で一番印象深いものとなりました。

 

登場人物の誰に感情移入するかは、人それぞれでしょうね。

↑のサイトに多数の感想が寄せられています。

 

充たされた者が、ある場面で見せる冷やかな態度。

充たされぬ者の、救いようのない生活への嘆きと愚痴、そして自ら招いたような孤独感。

どこの社会にもありそうな人間模様の展開ですが、身につまされる話でした。

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2013年9月 8日 20:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「偽りなき者」」です。

次のブログ記事は「映画「未来を生きる君たちへ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ