2013年5月アーカイブ

同感記事

|

http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201305290613.html

 

2013年5月30日付 朝日新聞オピニオン面に掲載された上記の記事を読んだ。

 

私は、12年前に初めてインターネットで意見を投稿するようになった。

ある中高年の交流サイトの掲示板だった。

それなりの年齢の集まりだから 良識 というものはあって当然との先入観があった。

しかし、その安直な先入観はすぐに裏切られた。

 

そのころはまだツイッターは無く、即時性の対話機能としてチャットがあったが、

私は考えを短文にして会話のごとくパソコンに打ち込むことに不安があり、

チャットは敬遠していた。

今も、ツイッターという発信形式に危惧を抱いている。

 

私の場合、掲示板への書き込みは、何度か推敲して送信していた。

それでも、一度ネット内で誤解され歪められた噂や評判が独り歩きする危険を、

身をもって体験することになった。

 

そんな経験をインターネット利用の早い段階でしたことにより、

インターネットの世界が、従来のメディアを通じた発信とは根本的に異なる性質を持つことを知った。

 

そうした自らの体験を踏まえて、

上記の 濱野智史さんのオピニオン 「あすを探る メディア  『裸の王様』に反省促す鏡を」を読むと、

深く賛同する部分が多い。

 

インターネットが今日の世界から排除できない存在になったことを否定するつもりはない。

しかし、インターネットがきっかけとなる新たな事件や事象が発生していることも否めない

 

濱野智史さんはオピニオンをこう結んでいる。

・・・・・(前略)自己を客観的に捉えるのは、古くから難しい課題である。インターネットという新メディアが普及し、情報の「発信」手段は大きく様変わりしたいまもそれは変わらない。情報化を遂げた今、次に生み出されるべきは自己の「反省」を促してくれる新たなメディアではないか。そう筆者は思うのである。

 

ネット世界であろうとリアル世界であろうと、

一歩退いて考える冷静さと謙虚さと礼儀だけは持ち合わせたいものである。

お行儀が悪い

|

こんなことを言うから、

「傍にいると窮屈そう」だの「何かにつけて批判されそう」だという印象を持たれるのは自覚しているが、

日常で見聞きする人々の行動が「お行儀悪く」なっているのではないかと思う。

 

もともと日本人は、質素ながらも小奇麗な立ち居振る舞いを良しとしていたのではないか?

 

人の癇に障ることをズケズケ口にしたり、目につく物は手当たり次第に欲しがったり、

白日の下に晒すことは控えたほうが良いものやことを露出することに平気だったりして、

目を背けようにも背けた先にも同様の状況が展開していて、

つくづく すさまじい時代 になったものだと恐怖に似た 引き を感じる。

ウカウカ暮らしていると殺されて、有りか無きかの所有さえ身ぐるみ奪われそうな恐怖である。

 

 

中学生の時に、一人の先生がおっしゃいました。

「世の中にはね、そうだと思っても口に出して言ってはいけないこともあります」と。

 

先生のお宅は、元文房具やさんだった家を借りたもので、

双子のお子さんを含め三人のお子さんがいらっしゃって、

詳しい事情はわかりませんが、今この年になって思うと、かなり質素倹約な生活ぶりだったのでしょう。

 

元はお店だったので、道路に面しているところは中が見えるガラス戸でした。

そこに、柄が色々の布をはぎ合わせたカーテンを吊るして中の生活の目隠しにされていました。

それは、今風のパッチワークなどといった洒落たものではなく、

本当に有り合せの布を集めたと一目でわかりました。

 

その前の道路を生徒が通学で通ります。

 

ある日、その先生の授業の時間に、

一人の男子生徒が「先生の家のカーテンはつぎはぎでおかしい!」と皆の前で言いました。

その教師をバカにしてからかっていることがわかりました。

そのカーテンを知っている生徒もいて、教室内に失笑がもれました。

 

先生は一瞬 悲しそうな表情になり、言葉を探しておられるようでした。

そして出てきた言葉が上記の

「世の中にはね、そうだと思っても口に出して言ってはいけないこともあります」

だったのです。

 

未だに鮮明に覚えているこの出来事。

当時の私に相当なインパクトを与えたのでしょう。

先生の顔も、からかい発言をした男子生徒の顔もハッキリ覚えています。

 

人はパンのみにて生くる者に非ず 

人間の精神生活の重要さと充実を説いたキリストの言葉です。

 

キリスト教徒のみならず、このことは人が生きる上で大変重要なことだと思います。

精神の尊厳は何人たりとも犯してはいけないし、喪ってはいけないものではないでしょうか。

 

件の先生のお宅のカーテンは、外から見ると粗末なものだったかもしれませんが、

その内側では、温かくて和やかで精神性の高い充実した家庭生活が営まれていたことでしょう。

それこそ豪華なカーテンを吊るすことより前に、人間にとっては重要な要素だと思うのです。

 

世の中が、拝金・即物的傾向を強め、その時流に我も我もと安易に乗ってしまう人が多くなるにつれ、

巷で見かける人間の顔つきや行為を「お行儀が悪い」という言葉でしか表現できないような時代になっていると、

私は思っています。

「いいね!」考

|

このところ巷に溢れ始めた「いいね!」がイマイチ ピン!と来なかった私にも

何となく理解できそうな示唆を与えてくれる番組を視た。

 

5月26日 a.m.0:30~1:37 放送 NHK Eテレ 「ニッポンのジレンマ  "いいね"のツナガリ新世代討論」

 

この番組に登場する若い論客は、1970年代ー1980年代の生まれ。

20代30代の彼らの話を聴いていて、これからの時代に期待しても良さそうな予感がする。

新しいけれども、古くからあった文化伝統に類似するような思想・志向。

うん、こういうことなら SNS とやらの普及もありなんじゃないの、と言える感じ。

 

話は「空気を読む、読まない」から始まる。

与那覇さんという方の「(空気)に相対するものは(言葉)ではないか」という意見に納得。

 

ソーシャルネットワークの普及により、

昔のような強固に固定したコミュニティー社会から、

不特定多数のツナガリとしての新しいコミュニティー社会への変化。

そしてそのコミュニティーは短期に新陳代謝を繰り返しているという指摘。

 

それこそ「いいね!」と言いたくなったのは マイクロファンド事業 という存在。

東北大震災をきっかけに、被災した事業者への資金援助の仲介事業をしているという。

もともとは大手の会社に所属しないミュージシャンの活動を支援するための起業だとか。

この事業の理念は「共感・応援からの投資」で、

単なる寄付と違うのは出す側も受ける側も先行きへの責任を担うということ。

一人の資産家の一億円の出資ではなく、大勢の人から集まった一億円であることが重要なのだということ。

それこそ、SNS ありて成立する事業形態なのだと思えた。

 

これも、古きを尋ねれば 講 というものの存在があるとの発言あり。

そうだそうだ、昔は頼母子講などというのがあったっけ、と私も子供のころの見聞を思い出す。

 

あれこれと討論されて後、

「いいね!」で一括りにして終わるのではなく、

ひとつに決めずに流動的に物事考えていきましょう、

といったところが落ち着き所だったか。

 

「いいね!」が何らかの善い結果を導き出すきっかけになるのなら、それこそ「いいね!」に違いない。

ちょっとした変更

|

さまざまなネット交流サイトに、自動的に書き込みするシステムをロボットからとって「ボット」と言うらしい。

つい昨日、テレビの情報で知りました。

 

このブログに一日何百と入っていた英文コメントも、そうしたボットだったのでしょう。

 

わたしはそんなネット上のロボットの為に時間を費やしたくないので、

ホームページを少し変更しました。

 

12年前に始めた「つゆくさにっき」の復活。

このブログ「ひとりしずか」へのコメント機能は停止して、たまに更新。

上記二点に関して、変更しました。

 

 

ホームページを始めたころの「つゆくさにっき」を再び更新していると、

こちらのブログに向かっている時とは違う感情が湧き上がってきます。

人の心とは微妙なもののようです。

 

と言うわけで、

この「つゆくさにっき」と「ひとりしずか」は並行して更新することにしました。

 

 

このところ・・・

|

このブログのコメント欄に英文のコメントが一時間おきに多量に入ってきます。

世界のどこかで誰かが何らかの意図で、ネット上のアドレスを拾って一斉自動送信しているのでしょう。

クリックしなければ被害は無い、それくらいのものなので、今のところ削除の手間が面倒だという被害です。

 

ただ、不愉快極まりないし、厄介であることは否めません。

 

今やブログやツイッターなどでの個人からの発信は当たり前の時代ですが、

それに伴って、顔の見えない悪意から易々と横やりや嫌がらせなどの行為を受けやすくもなりました。

 

↓ にガラパゴスの記事を書きましたが、上記のような問題を抱えている現在、

私は、いろいろな新しいツールに次々手を出して行くことが、果たしてどうなのかという疑問を感じた結果の記事です。

 

それで、

このブログも考え直して、このホームページを始めた当初のホームページビルダーによる日記形式に戻ろうかなぁ・・・

と考えるようになりました。

 

宮崎あおいさん出演のCMで、(詳細は正確に覚えていませんが)

「人はなぜ〇〇をネットにアップしたがるのか?」

「それは(いいね!)が欲しいから」

とかいうのがありました。

 

そう、不特定多数の(いいね!)の為にネットで発言したり表現したりするのであれば、

汎用のツールのほうが多くの人(善意・悪意双方になる)の目に留まる機会が多いでしょう。

しかし、私のように、

単に、この世に生存し思考した証しとして自分の意見を遺しておきたい、

いつか誰かが読んでくれるかもしれない、くらいの緩やかな意向の発信であるなら、

今や時代遅れで誰も見向きもしないだろうホームページビルダーによるウエブに徹しても良いかなと思う。

 

インターネットからの悪意排除というのは不可能のように思えてきました。

かと言って、インターネットそのものを全く生活から排除しようとも思いませんので、

場面場面で工夫して付き合っていくしかなさそうです。

時代について行けず(行かず=意思)、進化しないままに存続している物をガラパゴス(略してガラ〇〇)と呼ぶらしい。

名前の由来はもちろん、あの島からだろう。

えっ? だれがいつからそう呼び始めたん? どうやってその言い方広めたん? 

聞いてないよー! (ダチョウ倶楽部か!)

 

折り畳み式携帯電話のことを ガラケー と呼んで、一部では軽蔑の対象にされる場合もあると聞く。

ガラケーと比較対象にあるのがスマホらしくて、若い者でスマホ持たざる者には仲間情報届かずという事態もあるようだ。

LINEなるソーシャルネットワークがあるそうで、部活連絡や遊び仲間連絡や情報などが即時に配信共有され、

そこにアクセスする手段の無い者は、たとえ現実の場面で同じ集団で活動していても無情報になるという。

若い人たちの間では、新たなイジメも生まれているらしい。

 

ツイッターがどうした! フェイスブックがなんだ!

深く考えもせずに発信するからグチャグチャになるし、追いかけて即時に発信するからドツボにはまるんでしょ!

発言や発信は一呼吸おいて、よく熟慮して行うほうがいいんじゃないの?

 

何でも知ることができるし、知らなきゃいけないなんてことはない。

ホラ、「知らぬが仏」ってあるでしょ? あれって、なるほどなあって思いますよ。

 

新聞の下段に掲載される書籍や雑誌の広告をみていたら、「新潮45」という雑誌で(反ウェブ論)という特集を組んでいるようだ。

・・・こんな非寛容で均一的で愚かしい「ウェブ社会」を誰が望んだのか。「いいね」じゃない!・・・

という小見出しがついている。

 

私は、最近流行ったお笑いコンビの「当たり前体操」というのがお気に入り。

あのユル~イ感じと、基本的な "当たり前" の数々がクスリと笑える。

だが、機器や手段の変化に人が付いて来ること前提の "当たり前" には笑えない。

 

 

自分がそうなってみて思うのだが、

これほど目まぐるしいコンピューター機器やネット環境や通信方法の変化には、

もはや、ついて行けないしついて行くつもりもなくなった。

そういう人間でも、必要な基本的情報は平等に入手可能な社会であらねばならないと思う。

 

スマホではなく折り畳み式携帯電話をこれからも愛用していこうと思うような人間もいて良いではないか。

今、「あいつガラパゴスだぜ」と冷笑している人たちが、後々、ガラパゴスを懐かしみ回帰してくるかもしれない。

本当のガラパゴス諸島が現在は世界の貴重な遺産として保護されているように。

 

やはり、人間の体内時計に即した時間経過でものごとを進めて行かないと、無理が積み重なるような気がする。

最近の端末機器やその使い方などの変化の激しさと社会的に引き起こされる諸問題に接していて、

自然ではないと感じることが多い。

 

行列のできる○○

|

最近よく聞く「行列のできる○○」ってありますね。

たいていは飲食店などのお店でしょう。

テレビ番組にも「行列のできる・・・」というタイトルがあったような。

 

今日、街で行列に出くわしました。

そんな人気の出るような店があった場所にも思えず、

(最近何か評判の良い店が新規開店したのかな?)と、

(良いものだったら私も並んでみようかな)っと、

行列の先まで歩いて行くと・・・

 

なんとなんと、行列の先にあったのは

医院 

でした。

 

そうです、その行列は、午後からの診察待ちで並ぶ人たちだったのです。

道理で顔ぶれが年配者ばかりだったわけです。

建物脇の道路に15-6人並んでいましたよ。

 

専門は「内科・リューマチ科・アレルギー科」とありました。

評判の良い医者なのでしょう。

あまりにも対照的な

|

キネマ旬報社の映画館で二本の映画を観てきました。

 

10:00~ 「愛、アムール」 

 

一口に言ってしまえば【老々介護】の話です。

と簡単に話を終わらせることができない映画です。鑑賞する人の年齢で感想には大きな隔たりがあるでしょう。主役の夫婦と年齢が近いか、もしくは、この問題が近くに迫り来ていることを感じ始めた年代には他人事ではない話として、国や文化の違いを超えた何かを考えさせられます。

また、老親のある人たちにとっても問題提起できる映画だと思います。

 

この映画では介護者が夫でしたが、もしも介護者が妻だったなら・・・娘だったなら・・・息子だったなら・・・

日本では既に深刻な高齢社会に入っていて、この映画のような話は身近に多々存在しているのですが、海外のいわゆる先進国と呼ばれた国々では似たような問題を抱えているということでしょうか。

つい最近、日本の女性の平均寿命は世界一だと発表されたばかりですが、心臓が動く限りは(本人がどのような状態にあろうとも)生かされることが幸せとは言えないことも、近年ボツボツと論議のテーマになるようになりました。いわゆるQOLの問題です。

 

人生を如何に終えるのか。

生まれる時も死ぬ時も一人だと言われることもありますが、どちらの場合も、誰かの手を借りなければならないという現実はあると思います。できることならスーッと、氷が融けて水になって蒸発するかのようにこの世から消えて行きたいというのが私の願いですが・・・

 

 

15:00~ 「昼下りの情事」

 

時間に余裕があったのでクラシック映画セレクション上映の「昼下りの情事」も鑑賞しました。

オードリー・ヘップバーン主演のあの映画です。

 

直前に「愛、アムール」を観たばかりだったので、こちらの内容の浅薄さが何ともやり切れなかったですね。そりゃあそうです、扱うテーマが全然違いますから。

 

ただね、「昼下りの情事」でオードリーが演じる若い娘が、最近流行の(年の差婚)を願望する女性と重なって見えて仕方がなかったんですよ。まあ、ロマンティック・コメディですから、そう目くじら立てるほどの話ではありませんがね。「Love in the aftenoon」を「昼下りの情事」と翻訳した翻訳者はさすがです。確かに、あれは「情事」というしか表現のしようがないかも・・・

 

往年の名女優で日本人にファンが多かったオードリー・ヘップバーンの名作ですが、今日はイマイチ楽しめなかったわたくしでした。

 

 

  

 

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ