待てば海路の日和あり

|

航海に例えられる人生

荒波の日もあれば波静かな日もある

荒波に揉まれながら自分の不運を嘆き

好天が続けば有頂天に傲慢になり

 

全ては不変であることはなく

ものごとの推移そのものに悪意があるわけでもない

ちょうど天変地異に意図がないように

そこに幸・不幸の差をつけるのは人の感情しだい

 

昔の人は偉い

「待てば海路の日和あり」とは

愚かな私にもこの忠言が生きる

あらゆることはあるがままにそのままに

ただただ淡々と生きるがよし

 

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2012年12月 9日 09:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お礼の表現は難しい」です。

次のブログ記事は「決めかねる日々」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ