2011年8月アーカイブ

あ?ぁ、なんだかなぁ・・・

|

我が国の新首相が決まったのに、なんだか気分は高揚しない。(さあ、これから仕切り直しだ!)という期待も湧いて来ない。地味な人物だとの世間評の野田さん。しっかり地に足着いた仕事、お願いしますよ。なんだかなぁ・・・

 

夫の誕生日を間近に砂浜に落とし穴を掘ってサプライズ、な?んて考えた若い妻。直径も深さも2メートル以上の砂の穴なんて危険極まりない行為だと、なんで気がつかなかったの?というより、若いとは言え家庭をもった成人として、なんて子供っぽい発想でしょう。なんだかなぁ・・・

 

へその緒をつけたままの赤ちゃんが捨てられていたらしい。幼児を虐待の末、死に至らしめてしまう事件の多発。少子化が憂慮される昨今ではありますが、今は、何も知らずに生まれてくる子どもたちの多くが適切に養育され幸せに成長できるという保証はないのが現実でしょう。なんだかなぁ・・・

 

このごろ、非常識でガキっぽい人や行いばかりが蔓延していませんか。美しくないですよ、まったく!なんだかなぁ・・・もお・・・

ほおずき

|

hozuki.jpg

ほおずき

 

今年の夏、届いた荷物の中にほおずきが2本同梱されていました。いまはこうして実だけはずして飾っています。子供のころ、これで遊んだことを思い出します。

雨が降って

|

途端に気温が下がりました。猛暑にうだっていた体力気力がいっきに復活したようです。でも、まだまだ油断はなりません。季節の変わり目は行ったり戻ったり。あゝ、また暑い日が戻ってくると思うと・・・ツライ(ほんとうに汗)。

 

夏が終われば、一年の終盤に向けて時間はいっきに加速するように、毎年感じます。今年は歴史に大きく刻まれる激動の年であることは間違いありません。自然災害は言うまでもなく、政治家の無能と不実が白日の下に明らかになったという残念な事象も歴史的であると思います。自分が拠って立つ国の行く末を案ずることのない指導層が跋扈するこの日本は、これからいったいどうなってゆくのでしょうか?

 

このような時代において、名もなき一個人にできることは何か?それは「ただ生きている」ことしかありません。しかし、そろそろこの「ただ生きている」ということさえも難しくなりそうです。生真面目に生きようとすればするほど息苦しくなってしまう空気というのは、なんだか怖いのです。

 

「チャラ男」という言葉があることを、つい最近知りました。軽薄な男のことらしいです。昨年、この言葉を初めて聞いた時、いや?な気持ちになりました。私の感覚では、チャラチャラしている人間を信頼することは難しく、そうした思考や行動に同調はできそうにありません。あえて言うなら、マイナスイメージです。でも、この「チャラ男」という言葉がテレビや身の回りで使われているのを見聞きすると、その存在を面白がりこそすれ眉をひそめるような扱いは受けていないように思います。むしろ喜ばれているような・・・軽いこと薄っぺらいことを全否定するわけではないのですが、すべての困難や辛苦から目を背けるためにチャラチャラを好しとするのなら、それは如何なものかと思うのです。

 

≪重厚長大≫の対義語に≪軽薄短小≫という言葉があります。どちらも存在してこその調和です。

 

負担は軽いほうが好い、面白ければ好い、浅いところで考えを止めてしまう。皆が皆そういう傾向に走れば、その社会は建設的かつ創造的とは逆方向に向かってしまいます。私は今、その結果を目の当たりにしているような気がしてなりません。

 

未曾有の大震災や政治の堕落という豪雨が降り続くこの国。比喩ではない局地的豪雨という本物の自然災害まで多発しているこの国に、いつの日か「雨降って地固まる」時は来るのでしょうか?

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ