2010年11月アーカイブ

2010/11月の畑

|

201011hatake.jpg

201011hatake2.jpg

 

ささやかな畑。

どっさり作っても消費が間に合わない。

立派な野菜をどっさり作れるほどの技術もない。

畑を借りて何が楽しいのかと問われれば、

手をかけた野菜の成長を見守ることと土いじり。

寒さに向かういまは、芽吹きも成長もゆっくり。

厳しい時には植物だって焦らないんだ。

その代り、根はしっかりと地下にのびているよ。

2010年日展

| | コメント(4)

nittencatalog.jpg

昨日、六本木・国立新美術館にて2010年10月29日(金)?12月5日(日)まで開催されている日展を観てきました。

 

これまでも何度か鑑賞の機会はあったのですが、いつでも行けるとなると、なかなか足を運ばないのは人の常。この度やっと実現しました。こうした催しは上野だろうと上野公園に出かけたのですが、実は六本木だとわかり、急きょ上野から六本木に移動という粗忽。しっかりパンフレットを確かめろ、と言われそうです。パンフレットは見たのですよ。「見た」のであって「読んだ」わけではなかったのですね。これは大きな違いでした。思い込みで行動するのは危険です(笑)

 

初めての日展鑑賞でしたが、これほどの作品の数だとは! とても1日では無理です。日本画展示会場から始めて→洋画→彫刻・工芸→書 と進みました。最初は丁寧に作品と作者タグを見比べながら進んでいたのですが、途中で、3階フロアまで展示があることに気づきスピードアップ。最後は流し鑑賞で終わりました。それでも午後4時過ぎまでかかりました。

 

記念に作品集を購入。美術本は高いです。3000円でした。

 

同時開催で「ゴッホ展」。正午には入場者の列はありませんでしたが、午後4時に見ると入場待ちの列がありました。たぶん、入場制限をしてゆっくり鑑賞できる人数を入れたりしているのかなと・・・これは私の想像ですが。

 

美術や音楽を鑑賞することで、心に栄養が取り込めるような気がします。

デジカメから

|

clock33333.jpg

今年の夏は暑かった。そんな一日、 ↑ こんな画像を撮影していました。「気温33.3℃、湿度33%」。これが3月3日だったらまさしく異常気象ですが、画像的には面白かったでしょう。時刻3時というケースはあり得ますが。

 

2010sabotenhana.jpg

昨日、貸農園近くにある農産物販売の小さなお店で草餅とサボテンを買ったら、サボテンの花をいただきました。葉や花がポロポロ落ちるので、花瓶に入れて楽しむには難がありますが、全体がピンクできれいです。

ハゲタカのごとく

|

弱肉強食は動物が生きて行く為の自然の成り行き。ただ、自然本来の動物は、空腹や身の危険という必然性が無い限り、弱小の他者に襲いかかることはないであろう。そんな彼らでも、「縄張り」という生きて行く場所の確保のためには他者を脅しもするし追い払いもする。全ては「生命保持」の原則に基づく行為。

 

いま、我々が生活する日本という国は、南も北も西も脅かされている。日本という生命体を維持してゆくための"政治"という活動が滞り、生命活動の危機に瀕している体は虎視眈々と狙われている。あたかも、弱った動物がハゲタカに突かれるかのごとく。ハゲタカに突き殺されないためには生命活動復活しかないのだが、その方策も打てないままに、ただただ横たわる息も絶え絶えの動物のごとき日本。

 

腕力武力による反撃は望まないが、抽象的思考能力を備え言葉を操る人間なら、理不尽な国際圧力に対して正当な抗議を表明すべきではないだろうか?無為無策に見える政府に苛立つ。

 

内輪揉めしている場合か!!

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ