手帳

| | コメント(4)

techou.jpg 年も新しい手帳を買った。年末恒例の買い物。来年はこのスケジュール帳がどんな項目で埋まって行くのだろうか?そう思いながら文房具売り場で手帳を吟味する。

 

 ごろテレビで「人は、いつもと違うものを手に入れようと欲しながら、結局は "いつものもの" を手にするものだ」といった内容のCMが流れていた。例として、手帳を選ぶ男性とベビーカーを選ぶ若い夫婦づれの行動があげられていた。あれを見て以来、買い物をする度にこのCMを思い出す。今回はいつもと違う傾向のものでイメージチェンジをしてみようと思いながら、結局はいつもと同じ傾向のものに落ち着いてしまう自分は、まったくあのテレビCMで言っているとおりの行動パターンだなと思う。

 

 には、ありとあらゆる種類や色や形などの品物が取り揃えられている。その前に立つとウロウロと迷ってしまう。店先では "良い・好い" と思ったものでも、帰宅してじっくり見直すと "ちょっと違う・使いづらい" ということはしばしば体験する。そうこうしながら、長年のうちには使うものが固定化して行く。

 

 の写真は私が1985年から使ってきた手帳の数々。振り返ってページをめくってみると、過去のあれこれがよみがえって来る。なかなか日記記帳が継続できない自分としては、貴重な自分史ともなっている。

 

 うして手帳の買い替えの季節になると考えるのが来年のこと。どうか、ささやかにつましい暮らしでありながらも、何より平穏無事に過ごせますように、と祈る。

コメント(4)

ご無沙汰しています。
自分のブログに記事をアップした後、露草様を覗いてびっくり!
同じテーマ、同じ論旨で記されていました。

白いページが楽しい想い出で満たされるような一年を過ごしたいものです。

JO談さま、お久しぶりです。
ときどきJO談さまのブログを拝読し、同感共感することの多い私です。

このコメントを拝見して、さっそく訪問いたしました。
う?ん、なるほどなるほど・・・うふふ。
同じような思いを抱かれていたのですね。

今日の記事が同じような内容になったのは
まったくの偶然で、私も驚いています。
やはり、ますますもってJO談さまに親しみを覚えます。

残り少ない2008年ですが、どうかご自愛のほどを。

文具コーナーでカレンダーや手帳をいいな?と手に取ると月曜始まりばかり・・・。
そして何の変哲もないたくさん書き込める日曜始まりに落ち着く。
カレンダーも手帳ももらうものだと思っていたけれど最近は少ない。

露草さん、あっというまに一年が過ぎちゃうね。
どうしてこんなに早いんだろう。

まりりんさん、こんばんは。

>月曜始まりばかり

私はもっぱら月曜始まりを愛用しています。
昨年の手帳は日曜始まりで使い辛かった?
これも、長年の慣れによる感覚の問題でしょうか。

来年のカレンダーは、まず、トイレで使うものを購入しました。
格言・名言とクイズが掲載されている一週間めくりのものです。
三年前からこの「便蔵さまカレンダー」を使用しています。
けっこう時間が潰せます(笑)

ほんとほんと、最近は職場にもカレンダーの頂き物は少なくなりました。
自宅用は好きなものを飾りたいので、ま、あまり影響ありませんが。

まりりんさん、今年もあとちょっとだね。
来年はどんな年になるのだろう・・・ねぇ?

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2008年11月16日 08:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こんなのも見つけた」です。

次のブログ記事は「情緒」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

最近のコメント