石を見る

|

kakougan.jpg

 はどこにでも転がっている。あまたある小石の一つと、ある時ふっと目が合うことがある。拾いたい・・・でも、拾えばまた保管場所に困る。そう思いながら拾ってきてしまう。

 

 ↑ れは典型的な花崗岩。日本中どこにでもある石。なぜか懐かしさを呼び起こす石。墓石に使われる石だからかもしれない。黒ゴマ入りのおむすびのようでもある。数種類の鉱物の集合体であることがハッキリ分かる花崗岩は、特に面白いと感じる。

 

 はすごい!それらが経てきた時間に思いを馳せると、まるで、石の中に果てしない宇宙が広がって行くようだ。この一粒一粒は、いつどのようにしてこの形状を為したのか?どこで発生してどこに埋もれ、どこで掘り起こされ、どのような経緯で小石となってここに在るのか?

 

 わゆる生命活動をしない石に「命」を感じるひととき。

このブログ記事について

このページは、tsuyuが2008年7月26日 15:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「花を持たせる」」です。

次のブログ記事は「小さな自尊心」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ